旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« NHK「ドキュメント72時間」“札幌 聖夜のバスターミナル” | トップページ | 「スペシャリスト」第5話 »

「相棒season14」第15話“警察嫌い”

 

   
「相棒season14」第15話“警察嫌い”    
                                                           テレビ朝日  2月10日放送 

今回、久しぶりに「相棒」を楽しめました。   
これまでのはいったい何だったんだろう、とまで思ったりして・・・。    
   
最初は、アップの映像の連続にドン引き状態でした。    
事件現場で何度も映る被害者の顔、角田課長(山西惇)と組長・伊縫(上杉祥三)の顔と食べている口元、その後も、目撃者・青木(浅利陽介)の目元とやはり食べている口元のアップ。    
CMなどに食事中の口元をアップでとらえる映像がありますが、生理的にダメなので、途中でチャンネルを変えそうになったものです。    
   
観続けてよかったです。    
3人の被疑者の3分割映像、ひとりを伊丹(川原和久)と芹沢(山中崇史)、他の2人をそれぞれ2人ずつの刑事が担当するという、これまで見たことが無いシチュエーションに釘付けになってしまいました。    
珍しく居眠りをしませんでしたね。    
   
今回は、冠城(反町隆史)が楽しそうに裏で画策しながら暴走しています。    
右京(水谷豊)がそれを横目に見ながら、あくまで動かずという姿勢が最後に効きますね。
二人がこんなに丁々発止な掛け合いをしているのを見るのは初めてのような気がします。
今後も冠城をこんなふうに自由にさせると、面白い展開になりそうなんですが・・・。

 

終戦60年ドラマスペシャル::日本のシンドラー杉原千畝物語・六千人の命のビザ [ 反町隆史 ]
終戦60年ドラマスペシャル::日本のシンドラー杉原千畝物語・六千人の命のビザ
[反町隆史]

 

 

証言を拒否する青木への令状申請を冠城が阻止しますが、その前に右京が令状の申請理由をあれこれ推測し、あげくに “僕は好まない” には笑ってしまいました。
右京がこれまでにどれだけ違法スレスレのことをしてきたか、あなたが言うのか、という感じですよね。
長年のファンで、そこを突っ込んだ人は多かったのではないでしょうかね。    

角田課長の出番も多く、組長と渡り合う力量を見せながら、おそらく彼が話しているのだろうと思える、捜査一課と特命の間の情報漏れ(だから事件解決に結びつくんですが)など、楽しめましたね。    
とにかく、レギュラー陣のキャラが一人一人ちゃんと発揮されていました。    
刑事部長(片桐竜次)や参事官(小野了)まで、見せ場がありましたものね。    
事件解決に混迷して、特命の部屋を訪ねてきた伊丹と芹沢が何だか伸び伸びしているし、そこにいた角田がちょこちょこ割って入って、5人の会話がいちいち面白かったです。    
   
久しぶりの登場の日下部(榎木孝明)ですが、大河ドラマ「真田丸」の穴山梅雪の出番が終わってこちらへ来たんですか、という感じでおかしかったです。    
冠城の上司役ですが、ドラマ的にはこういう人物がいるだけで重みを増しますね。    
   
最後に動いた右京。    
ラスト近く、右京が青木に見せた3枚の写真には笑ってしまいました。    
組対五課の大小コンビに、角田課長ですからね。    
そして、あくまで拒否する青木に対する、レストラン外での大掛かりな面通しの仕掛け・・・。    
外の客はみんな警察関係者だったんですね。    
   
ラストは、右京から冠城へ延々と続きそうな説教ですが、どれだけ効き目があるんでしょう。

サブタイトルの“警察嫌い”の理由は明かされませんでしたが、逆によかった気がします。青木を演じた浅利陽介さん、若いのに存在感があり、何だか楽しそうに演じていたように見えました。

                     
         
手のひらの幸せ [ 浅利陽介 ]            

手のひらの幸せ
[浅利陽介]
               

         
      

最後のクレジットで、脚本が輿水泰弘さんだとわかりました。
やはり、さすがこのドラマを引っ張ってきた人だなと思いましたね。
それにしても、最初のアップのシーンなどは脚本にあるものなのでしょうか。
気持ちの悪さ(私だけ?)も、さすがに輿水さん、と思ったものです。

来週のゲストは、竹下景子さん。
「相棒」の世界とはまったく違うイメージですから、ちょっと不安で、でも楽しみです。

 

<これまでの感想> 
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話元旦スペシャル    
第11話 第12話 第13話 第14話

 

                                          「相棒season14」公式サイト

 

 

相棒 season 13 DVD-BOX 1    
相棒 season 13 DVD-BOX 2    
相棒シナリオ傑作選    
相棒シナリオ傑作選(2) 

気分は名探偵 DVD-BOX [ 水谷豊 ]

気分は名探偵
DVD-BOX
[水谷豊]

                     
         
相棒(season 13 上) [ 輿水泰弘 ]            

相棒(season 13 上)
[輿水泰弘]
 

 

 

         
      

« NHK「ドキュメント72時間」“札幌 聖夜のバスターミナル” | トップページ | 「スペシャリスト」第5話 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

ドラマ「相棒season14」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon