旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 大河ドラマ「真田丸」第6回“迷走” | トップページ | 「スペシャリスト」第6話 »

「相棒season14」第16話“右京の同級生”

 

 

「相棒season14」第16話“右京の同級生”    
                                                           テレビ朝日  2月17日放送

   
今回のBGMには、こちらの記憶違いでなければ、昔の音楽が使われていましたね。    
“コンコ・コーン”とか、あくまでラストで静かな余韻を残す “タンターン、タンターン” とか・・・。 
懐かしかったんですが、いつ以来でしょうか。    
   
ストーリーは、特にひねりも無かったですね。    
毎回ひねる必要も無いのですが、現代の問題を取り上げるという社会性を出すのなら、もう少し訴えるものがあったら、と思ってしまいました。    
たとえば、“ボーダーライン”(season9・第8話)などは、胸に突き刺さるほどの感覚に襲われたものです。    
今や、こちらの感性が鈍くなっているだけなのかもしれませんが・・・。    
   
ゲストは、竹下景子さん、右京(水谷豊)の小学校の同級生役でした。    
竹下さんと言えば、正統派の女優さんですが、「吾輩は主婦である」(2006年・TBS)でのコメディ演技には驚いたものです。    
その振り幅に驚かされたのですが、楽しかったですね。    
今回の出演は、個人的にはちょっと違和感がありました。    
出来れば、シリアスな日常を淡々と描くような作品で観たいですね。   

                     
             
         

      
 

今回は、冠城(反町隆史)があまり目立ちませんでしたが、これまでのような変な(失礼)動きをしないで、自然に佇んでいる感じがよかったですね。
これまでの相棒と違った個性を持たせたいのはわかるんですが、冠城はエリートなので、神戸(及川光博)と同じようでいても不思議はない気がします。
現に、今回は上司・日下部(榎木孝明)との間に相容れない空気が感じられるようになっていますから・・・。    

それにしても、右京の小学生時代を観られたのは新鮮でしたね。    
何より驚いたのは、桜木健一さんが出ていたことです。    
最後まで気がつかず、エンドロールで名前を見て、どの役?と思ったものです。    
最後にエルドビアに逃げる、人材派遣業のボスでした。

                     
                  
 

<これまでの感想> 
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話元旦スペシャル
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話

 

                           「相棒season14」公式サイト

 
 

相棒 season 13 DVD-BOX 1    
相棒 season 13 DVD-BOX 2    
相棒シナリオ傑作選    
相棒シナリオ傑作選(2)

                     
              
            
                
         

      

« 大河ドラマ「真田丸」第6回“迷走” | トップページ | 「スペシャリスト」第6話 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

ドラマ「相棒season14」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon