旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 大河ドラマ「真田丸」第10回“妙手” | トップページ | 「スペシャリスト」最終話 »

「相棒season14」最終回2時間スペシャル第20話“ラストケース”

   

 

「相棒season14」最終回2時間スペシャル第20話“ラストケース”   
                                                      テレビ朝日 3月16日放送                                                                                             

オープニングは、花の里のシーン。   
右京(水谷豊)と冠城(反町隆史)が幸子(鈴木杏樹)に説教をされるという、ちょっと楽しくまったりとしたシーンから始まりました。
それが、警察学校での大量殺人という凄惨なシーンへと移って、目を背けたくなりましたね。
それも、その後何度もそのシーンが出てきて、銃声が響くのには参ってしまいました。   

その犯人・伴野(瀬川亮)がテロの脅威、政治家の対応の生ぬるさを訴えながら自殺するまで、緊迫したシーンが続きましたね。    
時間経過はそこで半分、その後どうなるのだろうと思ったものです。    
後半、ドラマ的に失速した印象がしたのは、前半が強烈過ぎたんでしょうか。    
   
結局、鴨志田(高岡早紀)が伴野を動かし、彼に心酔した金井塚(小柳友)も動き、それが副総理(小野寺昭)や菊本(石橋蓮司)の思うままだったということですか。    
最終的には、政治家が最悪ということでしょうが、金井塚が一番怖かったですね。    
理由を聞かれ、“やりたくなったとしか言えない。 人を殺してみて自分は生まれ変わった” と恍惚とする表情にはゾッとしました。    
現実に、テロに参加する人間はこんなふうに入っていくのかな、と思ったものです。   

                     
         
がじまる食堂の恋 [ 波瑠 ]            

がじまる食堂の恋  

   

↑ 出演:小柳友


余命が無い鴨志田、冠城が過去に付き合っていて、嘘が多い謎めいた女性ですが、伴野と愛し合っていたことは確かなようですね。
ラスト、冠城の言葉の過去形を進行形に変更し、涙を流すシーンは良かったですね。
高岡さん、大それた事をする女性役なのに、しっとりとして別人のように見えました。
「ちかえもん」(NHK)の花街の女将役も、よかったです。

 

                           
          
SINGS -Bedtime Stories- Deluxe Edition [ 高岡早紀 ]             

SINGS -Bedtime Stories- Deluxe Edition [高岡早紀]   

          
         

それにしても、“無駄な人殺しはしない”と言っても、あれだけの人を殺してしまって、右京とは別な意味の違和感がありました。    
副総理の首に掛けたリースの花と同じものが、菊本の家にあったこともわかり過ぎましたね。    
余談ですが、あの菊本の居間は、長門裕之さん演じる閣下(season1・最終話“特命係、最後の事件”)の部屋とよく似ていると思ったものです。

国広富之さんが総理役でしたが、特に目立ったシーンはありませんでしたね。   
テロに対応できない、無能なという部分を強調したかったんでしょうか。    
国を揺るがすような事件だったはずが、意外にあっさりと終わってしまった感じがします。 
単に世間の騒ぎを映像的に取り上げなかったということかもしれませんが・・・。    
   
驚いたのは、米沢(六角精児)が警察学校へ異動するということです。    
今回大活躍でしたが、シーンのつながりが不自然なところもありましたね。    
右京にキレた後に、何事も無いように特命の部屋にいましたから・・・。    
そこだけではなく、後半部分は編集でカットした部分も結構あるのかもしれないと思ったものです。    
それにしても、次のシリーズに米沢の出番はあるのでしょうか。    
   
よりホッとしたのは、反町さんが卒業しないということです。    
散々、一年だけの相棒というニュースがありましたから・・・。    
冠城の細かい動きが気になりますが、それが彼の個性と言われればそうなんでしょう。
“ラストケース”を法務省の人間としての最後の事件とちょっと言い訳してみたり、右京と土下座をしたり、と彼ならではという個性が出てきていますよね。    
元々知性派ですが、特に神戸(及川光博)との差別化を意識しないで、自由に演じて欲しいと、個人的には思っています。    
次のシリーズは、お客さんではなく、本格的な相棒ですね。    
楽しみにしています。   

 

                     
         
フルタイム・キラー HDマスター版 [ 反町隆史 ]            

フルタイム・キラー HDマスター版
[反町隆史]
      

         
      

 

<これまでの感想> 
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話元旦スペシャル    
第11話 第12話 第13話 第14話 第15話 第16話 第17話 第18話&第19話                                                      

                                                    「相棒season14」公式サイト

 

相棒 season 13 DVD-BOX 1    
相棒 season 13 DVD-BOX 2    
相棒シナリオ傑作選    
相棒シナリオ傑作選(2)

                  
         
地方記者 立花陽介 傑作選 DVD-BOX 1 [ 水谷豊 ]            

地方記者 立花陽介 傑作選 DVD-BOX 1 [水谷豊]        

         
      
 

 

« 大河ドラマ「真田丸」第10回“妙手” | トップページ | 「スペシャリスト」最終話 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

ドラマ「相棒season14」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon