旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 大河ドラマ「真田丸」第17回“再会” | トップページ | 「重版出来!」第5話 »

大河ドラマ「真田丸」第18回“上洛”

   

 

大河ドラマ「真田丸」第18回“上洛”   
                                                      NHK総合  5月8日放送

   
今回、つくづく思ったのは、例え戦いのシーン(個人的には苦手)が無かったとしても、面白いものは面白いんだということですね。    
   
秀吉(小日向文世)にしても、家康(内野聖陽)にしても、あまりに有名すぎて、イメージもエピソードも手垢がついた感じで、これまではほとんど興味が持てないでいたんですが・・・。    
これを観ていると、だから彼らは天下を取れたんだと、納得させられるほどにそれぞれが魅力的に描かれています。    
それだけ脚本や俳優陣が素晴らしいのでしょうね。    
あいにく、演出などの技術的な方面には疎いもので、そのへんの評価はできませんが・・・。

昌幸(草刈正雄)に上洛を勧めるために、直江兼続(村上新悟)がクールに登場。    
あの声で、やはりおやかた様(上杉景勝)第一の姿勢に笑ってしまいました。    
   
悩む昌幸に知恵を授ける母・とり(草笛光子)のシーンが良かったですね。    
“嘘でもよいから頭を下げ、秀吉にかげりが見えたら、寝首をかく。卑怯者で何が悪い” と言い切るとりに拍手したくなりました。    
それほど激しくは無くても、長い人生にはいろいろなことがあるもので、そんな場面があったような、見たような、とつい思い出したりしたものです。    
頭を下げる部分ですけどね。   

                     
         
    

上洛を決めたことで、ホッとした信幸(大泉洋)と妻・こう(長野里美)が食事をするシーン。
こうは、しゃもじでご飯をよそえるほど元気になったんですね。
幸せそうなのに、今後の展開を少しわかっているので、ちょっと切なかったです。    

そして、昌幸と出浦昌相(寺島進)が酒を酌み交わして、今後のことを語り合うシーン。    
いずれ秀吉も織田信長のようになるかもしれないと・・・。    
明智光秀になってもかまわない、とクールに言ってしまう出浦は格好いいですね。

                           
          
         

流し屋 鉄平 [ 寺島進 ]

          
            
   

上洛した昌幸・信幸と久しぶりに対面する信繁(堺雅人)ですが、喜び合う三人を見ていると、ちょっと忘れかけていた、真田一族の話だったことを思い起こさせました。    
父のため真田のため、信繁が秀吉や石田三成(山本耕史)と掛け合い、時には恫喝を認めてまでの交渉には大人になったたくましさを感じさせます。    
それにしても、何だかんだ言っても、信繁ときり(長澤まさみ)はいい感じになっていますね。

 

塚原卜伝 DVD-BOX
[ 堺雅人 ]

 

 

でも、今回の主役も秀吉ですかね。    
茶々(竹内結子)の口利きで、結局昌幸に会う秀吉は、献上品の毛皮(三成が邪険にした)を着ての登場。    
スキンシップをしてまで臣下に迎える喜びを語りながら、家康の与力となることを命じる秀吉。    
人たらしの部分やら、情と非情など硬軟併せ持つ対応を見せるところなど、観ているこちら側をも圧倒しますね。    
正直、史実に疎い私など、この秀吉が滅びるとはとても思えないのです。    
周囲からほころびが出てくるということなのでしょうが・・・。

 

銀のエンゼル
[小日向文世・大泉洋]

 

 

このドラマで、魅力を知った人物の一人が昌幸です。   
戦うことで生きてきた昌幸、肩を落としての “わしはどこで間違った?” は切ないですね。
我々も早く生まれすぎた、と語る信幸も同じでしょうか。   

そんな二人へのサプライズは、姉・松(木村佳乃)との対面。   
記憶を取り戻させようと、真田での思い出話を順番に語って聞かせる三人と、きり。   
勢いで笑わせながら、駄目かと思わせての、最後は記憶を取り戻すというベタではあるし、早すぎる気もしないではないですが、でも良かったですね。   

最後は、家康と対面する昌幸たち。   
大声で満足そうな笑いを響かせる家康の、笑っていない本心が見えているようで、怖いシーンでした。   
秀吉のようにスキンシップをするわけでもなく、距離が開いたままですから、よけいに・・・。

 

海難1890 [内野聖陽]

 
 

<これまでの感想>

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回    
第13回 第14回 第15回 第16回 第17回

                                NHK大河ドラマ「真田丸」公式サイト 

 

 

真田丸(前編) [ 三谷幸喜 ]

真田丸(前編)
[三谷幸喜] 

      真田丸」を歩く
[ 星亮一 ] 
      
直系子孫が明かす!真田幸村の真実 [ 真田徹 ]   

直系子孫が明かす!真田幸村の真実   
[真田徹]

 

 

« 大河ドラマ「真田丸」第17回“再会” | トップページ | 「重版出来!」第5話 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

大河ドラマ「真田丸」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon