旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 映画「殿、利息でござる!」 | トップページ | 「あさイチ」インタビューの樹木希林さん »

大河ドラマ「真田丸」第19回“恋路”

   

 

大河ドラマ「真田丸」第19回“恋路”   
                                                      NHK総合  5月15日放送

   
サブタイトルから苦手な回になるかと思ったのですが、若い人たちの運命の転換期となる、やはり観逃せない回でしたね。    
   
自由奔放に見える茶々(竹内結子)が、秀吉(小日向文世)の思惑に流されそうになりながらも、胸を張って立ち向い、自分の人生を切り開こうと覚悟を見せる姿が胸を打ちます。    
でも、信繁(堺雅人)との蔵の一件は、ハラハラドキドキしました。    
“日の本一幸せなおなご” を約束されたはずの女性の、波乱万丈の人生が本格的に始まるんですね。    
   
庭の桜の花びらが散るシーンが多くて、素敵でした。    
茶々が信繁に最後に送った山吹の花一輪の押し花が、何とも切なかったのですが・・・。    
それを食べてしまうきり(長澤まさみ)には、いつもならウザイ!とか思うところですが、どこかホッとしたのは私だけでしょうか。    
“離れ離れになっても、いつか戻ってきて、私たちは同じ日に死ぬ” という茶々の言葉が重かったせいかもしれません。   

                     
                  
      
 

秀吉から茶々のことを相談されたり、戦さ仲間と言われたりした寧(鈴木京香)の複雑な想いが何とも言いようもなく、切ないですね。
大前提として、大切な人と思われていても・・・。
そんな複雑な想いを表現する京香さんが素敵です。      

何といっても凄いのは、秀吉の小日向さんですけどね。    
このところ、小日向さんの独壇場のような気がします。    
その表情に隠されて、笑顔でも怖さがありますし、こちら観る側にも緊張感が走ります。    
茶々の口説き方が真に迫りすぎて、凄すぎて、圧倒されました。    
いつも無表情の大蔵卿局(峯村リエ)が、秀吉嫌いであることが明らかになり、何だかホッとして、笑ってしまいました。

 

銀のエンゼル
[小日向文世・大泉洋]

 

 

一方、無理難題を受け入れざるを得なくなってしまった信幸(大泉洋)。   
家康(内野聖陽)から、本多忠勝(藤岡弘、)の娘・稲(吉田羊)との婚姻を迫られてしまう。
お互いの駆け引きで、父・昌幸(草刈正雄)さえ、受け入れる状況になってしまっています。   
政略のために人をモノのように動かす、この時代はやはり凄いですね。 
吉田さんと藤岡さんの父娘のやりとりが、なぜかコントのように見えてしまいました。   
それにしても、正室のこう(長野里美)が気の毒すぎて、来週は観るのが辛いです。 

                     
         
         

武士の家計簿 [堺雅人]

         
         
         

      

<これまでの感想>

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回    
第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回

« 映画「殿、利息でござる!」 | トップページ | 「あさイチ」インタビューの樹木希林さん »

テレビ雑感」カテゴリの記事

大河ドラマ「真田丸」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon