旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 大河ドラマ「真田丸」第27回“不信” | トップページ | 大河ドラマ「真田丸」第28回“受難” »

永六輔さんと“まあ、いいか”

 

7日、七夕の日に永六輔さんが亡くなりました。   
そのニュースに、少なからずショックを受けています。    
   
永さんは、憧れの人でした。    
いつも日本中を旅していて、その間にラジオでおしゃべりをし、本なども執筆し、様々な活動をして、本当に八面六臂の活躍をしてきた人でしたね。    
   
私は、別に旅好きな人間ではありません。    
ただ、自由な生き方をしている(と思えた)永さんが好きだったのでしょう。    
閉塞感があった時期には特に・・・。    
   
東日本大震災のとき、すでにパーキンソン病を発病していたのに、支援に動いていたドキュメンタリー番組がありました。    
その中に、足元がおぼつかない姿でひとり道を歩く後姿の映像があり、胸が詰まる思いがしました。    
ラジオでまるで別人のような声にショックも受けました。    
その後、永さんの姿を見たり聞いたりするのを、どこか避けるようにしていましたね。

                     
         
         

無名人のひとりごと
[永六輔]

         
         
         

永さんが亡くなったことを知って、20数年前にラジオ「誰かとどこかで」のコーナー “七円の唄” で何度か投稿文が読まれたことを思い出しました。 
当時のカセットテープを探し出したものの、聴くのにためらいがありました。
つい泣けてしまうのではないか、と・・・。    

先ほど、勇気を出して聴いてみました。    
昔の変わらない元気な声に、涙ではなく、笑顔が出てきました。    
   
投稿文のタイトルは、“まあ、いいか”。    
どうにも上手くいかない毎日に、ついため息混じりに出てきた “まあ、いいか”。    
アシスタントの遠藤泰子さんが 文中の“シャッター” を “シャワー” と読み違えています。 
おかげで、数点の投稿の中で、私の文章だけで二人は最後まで盛り上がってくれました。
   
永さんいわく “ベストをつくした。まあ、いいか(という意味)だね”    
“(文中で)なんども繰り返しているから、べつに録りなおししなくてもいいか。まあ、いいかで毎日放送しています”    
そう笑い飛ばして、番組は終わりました。    
   
永さんは元気でいつものように日本中を旅しています。    
そう信じられる声でした。    
聴いてよかった、とつくづく思っています。    
このところの体調の悪さも、元気に乗り越えられそうです。   

 

感謝の思いを込めて、心よりご冥福をお祈りいたします。       

                     
                  
         

      

<関連記事>

まあ、いいか    2007.9.17.    
永六輔さんがパーキンソン病に  2010.11.3.    
永六輔さんの事故のニュースに  2010.11.19.    
「上を向いて歩こう~日本人の希望の歌 その真実」 2011.7.19.    
ヒューマンドキュメンタリー「永六輔 戦いの夏」  2011.10.1.    
「永六輔の誰かとどこかで 七円の唄」を読んで 2011.10.18.

                     
         
         
      
レンズとマイク [永六輔]
         
         
         

      
 

« 大河ドラマ「真田丸」第27回“不信” | トップページ | 大河ドラマ「真田丸」第28回“受難” »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon