旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「所さんのニッポンの出番」隠密剣士の大瀬康一さん | トップページ | 大河ドラマ「真田丸」第35回“犬伏” »

大河ドラマ「真田丸」第34回“挙兵”

 

大河ドラマ「真田丸」第34回“挙兵”   

                                                      NHK総合  8月28日放送   

 

反三成派の加藤清正(新井浩文)や福島正則(深水元基)の動きが単純すぎて、こんな感じで戦が始まるのか、とちょっとがっかり気味で観始めたのですが・・・。   
時間を追うごとに素晴らしい(と言っていいのでしょうか)展開になりましたね。    
戦いのシーンが苦手なので、本当は気が重いはずなのに、信じられないほどにワクワク気分になった回でした。    
   
まずは、三成(山本耕史)に、気になっていた春(松岡茉優)のことを訊ねる信繁(堺雅人)。
動揺を見せないで、障子に穴を開けてしまった春、という流れが今回唯一の笑えるシーンでしたか。    
当時の女性は個性的でたくましいですね。    
   
きり(長澤まさみ)も、キリシタンにはならないけれど、ゼウスには魅かれているようで・・・。
細川家に仕えることを、寧(鈴木京香)から信繁に伝えられたときの笑顔がこれまでになく素敵に見えたのはどうしてでしょう。    
   
信繁が相変わらず三成のため(豊臣家のため)に奔走する姿がありましたが、初めて強く存在感を感じましたね。    
三成の自意識過剰気味の性格などもよくわかっているし、戦いの中でしか生き生き生きられない父親のこともよくわかっているし、そんな一つ一つのシーンごとに表情に現れていました。       

                     
         
         

塚原卜伝 DVD-BOX
[堺雅人]

         
    
   

      

家康の誘いを断固として断る信繁ですが、いつの間にか立派な大人になったのだなあ、と思わせました。
そして、堺さんはここまで抑えに抑えた演技をしてきたのだなあ、とも・・・。 
放送開始の頃、ラジオのインタビューで、“一番目に名前が出てきますが、自分は二番手三番手ですから・・・” と語っていました。 
長丁場の全体を見渡せる演技プランがあって、これからが本当の出番なんですよね。

信幸(大泉洋)も立派な真田家の当主になっていました。   
反三成派が踏み込んできたときの対応がなんとも格好良かったですね。    
でも、あの将棋は “山崩し” でしたよね。    
後藤又兵衛(哀川翔)が登場しましたが、兄弟とは知り合いなんでしょうか。    
いまひとつあのシーンがわからなかったのですが・・・。

                           
                    
            

         

家康(内野聖陽)も、覚醒したように腹黒さが増しましたね。
最初の頃から考えると信じられない感じにはなりますが、他の人物たちと同じようにあらゆることを乗り越えてきて、今があるのでした。      

実質上、天下を取ったような家康あてに届いた直江兼続(村上新悟)の書状。    
これが有名な “直江状” なんですね。    
内容を初めて知りました。    
村上さんの声が朗々と響いて、その間に珍しく上杉景勝(遠藤憲一)の笑顔が挿入されていて、今回のハイライトでしたね。

                           
                 
            

         
先日の「スタジオパークからこんにちは」では、ゲストの山本耕史さんが村上さんの “殿が本気になられた” と物まねをして見せました。
山本さんはいまひとつ出来に満足していなくて、何度か挑戦してくれましたが、結構似ていたと思いますけど・・・。
でも、かなり低音で響く声なので、長台詞になると難しいと思いますね。      

山本さん、小日向さんや堺さんとのこともちょっと話してくれましたが、とても良い雰囲気で撮影が出来ていることがわかって嬉しかったものです。    
さすがに、この日の山本さんの眉間にシワは無かったですね。    
ドラマでは上半身裸の水ごりシーンが2回ありましたが、回をよく覚えていて、後の回のほうが良かったとこだわっているのには笑いました。    
必然性が無い、よく言われるサービスショットですよね。    
   
最近、真田徹氏(仙台真田家13代当主)の著書「真田幸村の系譜」を読みました。    
あえて、大坂夏の陣以降の部分だけ、幸村(信繁)と伊達家のかかわりの部分からですが・・・。    
それまでの部分は、ドラマで楽しもうと思っています。    
来週は、有名な “犬伏の別れ” の回ですね。    
楽しみです。   

                     
         
         

真田幸村の系譜
[真田徹]

         
         
         

 
<これまでの感想> 

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回    
第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回    
第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 第29回 第30回 第31回 第32回 第33回

                 
                    NHK大河ドラマ「真田丸」公式サイト

« 「所さんのニッポンの出番」隠密剣士の大瀬康一さん | トップページ | 大河ドラマ「真田丸」第35回“犬伏” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

大河ドラマ「真田丸」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon