旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「あさイチ」プレミアムトークの仲村トオルさん | トップページ | 大河ドラマ「真田丸」第38回“昌幸” »

大河ドラマ「真田丸」第37回“信之”

   
大河ドラマ「真田丸」第37回“信之”

                                                     NHK総合  9月18日放送   

 

このドラマを観続けてきて、こんなふうに切ない気持ちになったのは初めてです。   
これから、どんどんその度合いが濃くなっていくのかも知れないんですね。    
   
そんな気持ちになったのは、意外なことに上田三成(山本耕史)と大谷刑部(片岡愛之助)の最期のシーンではなかったのです。    
前回の、佐助(藤井隆)の報告で終了だけではさすがにまずいだろうと、付け足したように感じてしまったのは私だけでしょうか。    
   
戦いや切腹のシーン、つまり血を見るようなシーンが嫌いですが、ずいぶんあっさりとして終わったなあ、と思ってしまいましたね。    
二人があんなに豊臣のため、秀吉のために尽したことは、いったい何だったんだろう、と。
それだけ二人のシーンの記憶は色濃く残っているんですけど、だから終わらせ方が納得いかないんでしょうね。    
   
切なかったのは、うた(吉本菜穂子)が夫・三成が天下の大罪人という汚名をきせられて首をはねられたことを信繁(堺雅人)に語り、“豊臣家のことしか考えておりませんでした” と何度も叫んでいるシーンでした。    
ドラマを観続けていたこちらは、“そうだよねぇ” と、ただただ同感するばかりでしたね。   

                     
         
       

大谷吉継と石田三成

         
         
         

      

関ヶ原で三成が負けてしまって、あんなに元気を回復していた昌幸(草刈正雄)が見せる悔しさや苛立ちも切ないものはありました。
信繁がいつも冷静で、思いとどまらせる立場を守り続けていますが・・・。   
昌幸なりにわかっているんですよね。
少しずつあきらめて受け入れていく様子が見られました。
九度山への途中、家康(内野聖陽)からの全否定の屈辱にも耐えているし・・・。    

病床の出浦昌相(寺島進)が必死に語る、家康の首をとる方法にも優しく耳を傾けてやる、というシーンもありました。    
長いこと信じあいながら同じ夢を見続けた二人ですから、なんとも切なかったものです。    
それにしても、出浦は何とか生きていたんですね。

                           
          
[本郷和人]
          
            
            

         

一番切なかったのは、意外なことに、雪が降る中での上田城明け渡しのシーンでした。    
静かに見送る信幸(大泉洋)以下一同の中にいた松(木村佳乃)の叫び・・・。    
“行ってらっしゃいませ!あとはおまかせを!母上によろしく!途中、ご無事で!”    
特に普通の言葉なのに、あのいつもどこか騒々しくて鬱陶しい松が・・・。    
そう思ったら、なんだか泣けそうになりました。    
   
いつもわがままな母・薫(高畑淳子)の寂しさも伝わってきましたね。    
きり(長澤まさみ)が薫について上田ではなく、九度山に行ったのが意外でしたが・・・。    
そのきりですが、ここに来て、彼女がどんなところでも強く生きていることに好感を持ち始めてしまっています。    
あんなに鬱陶しかったのに・・・。    
   
茶々(竹内結子)がお別れに訪ねた信繁に会わなかったシーンがありますが、以前確か同じ日に死ぬというようなことを言っていたのを思い出して、ちょっと怖かったですね。    
片桐且元(小林隆)はもちろん、珍しく大蔵卿局(峯村リエ)も気遣ってくれたのに・・・。      

                           
          
      
淀殿 [福田千鶴]
          
            
            

         

今回のサブタイトルは “信之” 。
父と弟の命乞いをした信幸が、家康から親子の縁を切り、名前の幸も捨てよとの命令を受けてしまうわけですが・・・。
義父・本多忠勝(藤岡弘、)の必死の援護もあってのことだったんですね。
読みは変えずに幸を之に、“わしの意地じゃ” と叫ぶ大泉さんは格好良かったです。      

格好いいと言えば・・・    
九度山行きを受け入れた昌幸が、“永遠の別れではない。いずれ会える日を楽しみにしてるぞ。では、おのおの抜かりなく” と語るシーンは良かったですね。    
たとえ空元気でも、豪放磊落な風情を見せると魅力的です。    
でも、来週の予告編で、なんとも辛いことになりそうなんですが・・・。   

                     
          



<これまでの感想>

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回    
第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回    
第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 第29回 第30回 第31回 第32回 第33回 第34回    
第35回 第36回                      

                 NHK大河ドラマ「真田丸」公式サイト

« 「あさイチ」プレミアムトークの仲村トオルさん | トップページ | 大河ドラマ「真田丸」第38回“昌幸” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

大河ドラマ「真田丸」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon