旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 大河ドラマ「真田丸」第39回“歳月” | トップページ | 「相棒season15」初回2時間スペシャル第1話“守護神” »

大河ドラマ「真田丸」第40回“幸村”

   

大河ドラマ「真田丸」第40回“幸村”

                                                     NHK総合  10月9日放送   

 

最終章になって、堺雅人さん演じる “信繁” が “幸村” になりました。   
以前読んだ本では、後年に“日本一の兵”と呼ばれ人気だったために、書物などで取り上げられるときに幸村になった、とあったような気がします。    
諸説あるようですね。    
   
それが、父・昌幸(草刈正雄)と同じようにくじで決めてしまう、という流れになって、意表をつかれた感じで面白かったですね。    
歴史的な結果はわかっていても、昌幸の血を受け継いで、今後は破天荒に活躍してくれそうな雰囲気が出てきて、楽しみになりました。    
   
信繁改め幸村のこれまでが長かったですね。    
ドラマ的にも、いつも2番手という感じでした。    
でも、その間、彼は多くを学んで今に到ったことがよくわかる回でした。    
   
きり(長澤まさみ)の、“今まで何をしてきたの。父親に振り回され、太閤殿下(小日向文世)に振り回されて・・・” には笑ってしまいました。      

 

直系子孫が明かす!真田幸村の真実 [真田徹]

 

 

それにしても、きりがこんなに大きい存在になっているなんて、思いもしなかったですね。
ずっと、視聴者(ネットの評判&私)も信繁本人も、ウザイと言いっ放しでしたから・・・。
ただの側室にしないで、この位置に置いたことは見事だと思いました。   

長澤さんが大柄で、これまでは信繁と並んでもどこか不自然に感じていたんですが、この体型が生かされていたことにも気がつきました。    
小柄で華奢な女性が、悩む信繁の相談に乗り、励ましたりきついことを言ったりしても、説得力が感じられなかったでしょうね。    
ふと、「竜馬がゆく」(司馬遼太郎)の竜馬の姉・乙女を連想してしまいました。    
この本を読んではいないので、あくまで伝え聞いた範囲のイメージで、ですが・・・。          

                 
            

         

豊臣家のために戦いに行くか、きりの励ましの後にも、悩み続ける信繁ですが、それは当然でしょうね。
でも、行きたいという気持ちだけははっきりしているんですね。   

回想シーンで、秀吉が出てきたときは、ちょっとハラハラしました。    
このドラマは、小日向さんの演技が素晴らしかったけれども、秀吉を描くのに時間を取りすぎてしまったのではないか、という批判を結構目にしていましたから・・・。    
   
でも、秀吉をかわきりに次々と懐かしい人物が出てきて、彼の悩みがどんなに深いものであるかがわかる、意味の大きいシーンになりましたね。    
観る側にはサービスシーンになりましたが・・・。    
回想シーンのオオトリがとり(草笛光子)で、思わず笑ってしまいましたが、気持ちは良かったですね。    
   
今回、片桐且元(小林隆)が前面に出て、活躍?していました。    
方広寺の鐘の件は知っていましたが、片桐は家康(内野聖陽)のいいがかりに振り回されて、結局大坂の陣のきっかけを作ったということでしょうか。    
良かれと思ってやったことも、結果が悪い方にしか向かない、その代表みたいな人でしたね。    
観ていて、こちらのほうが胃の痛みがひどくなったものです。    
   
これまで、秀頼(中川大志)を描いたドラマなどをほとんど観たことが無かったのですが、この凛々しく聡明なイメージは無かったですね。    
凡庸な人物だったら、歴史は変わっていたのかもしれないと思ったものです。

                     
         
         

豊臣秀頼 [福田千鶴]

         
         
         

      

これからは、本当に信繁=幸村は主役になるんですね。    
ネット上では、彼が活躍するのは、大坂の陣でしかない、と言われ続けてきました。    
今の堺さんを見ていると、本当によく頑張ってきたなあ、と思ってしまいます。    
そこまで見据えて演じてきたことは、最初の頃のラジオ番組での “タイトルは1番目でも、2番手3番手ですから” のコメントでよくわかります。    
   
今朝のバラエティ番組で、堀田作兵衛役の藤本隆宏さんが、今後の展開について、“豊臣が勝つかもしれませんから” と言って笑わせていました。    
そのとおり、悲劇に向かうというよりも、何だか楽しい展開になりそうな気がしたものです。
楽しみですね。    

                     
         
   
    

                
         

      

<これまでの感想>

第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回    
第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回    
第24回 第25回 第26回 第27回 第28回 第29回 第30回 第31回 第32回 第33回 第34回    
第35回 第36回 第37回 第38回 第39回

                    NHK大河ドラマ「真田丸」公式サイト

 

真田丸  完全版  第壱集 [堺雅人]
真田丸  完全版  第弐集
真田丸  完全版  第参集

« 大河ドラマ「真田丸」第39回“歳月” | トップページ | 「相棒season15」初回2時間スペシャル第1話“守護神” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

大河ドラマ「真田丸」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon