旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 大河ドラマ「真田丸」第46回“砲弾” | トップページ | 大河ドラマ「真田丸」第47回“反撃” »

「相棒season15」第7話“フェイク”

    

   

「相棒season15」第7話“フェイク” 
                                                      テレビ朝日 11月23日放送   

 
最後まで、誘拐されて亡くなったのは翔太ではなく広斗ではないのか、と思わせましたね。    
このミスリードは上手かったと思いますけど・・・。    
   
このシリーズでは、時には死者が出てくるパターンがありますね。    
ちょっと思い出したのは、“猛き祈り”(season11・第10話)で、瀕死の状態から回復途上の享(成宮寛貴)の前に、亡くなった事件関係者の幻?が現れるというシーンがありました。    
一瞬、夢か幻かと思えるシーンで、この程度だといいのですが・・・。    
さすがに翔太が頻繁に出てくるのには、演技上手の安達祐実さん(母親役)にしても、観ていてあまり感情移入はできませんでしたね。   

こうなると、小栗旬さん主演の「BORDER~警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」(2014年・テレビ朝日系)の凄さが改めてわかります。    
観る側を圧倒し、有無を言わせない世界がありましたから・・・。   

「BORDER~警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」最終話“越境”  2014.6.7.                  

         
         ORDER DVD-BOX
[小栗旬]

         

 
 

正直、警察に広斗は死んでいるとか、菊の花束を贈るとか、よく意味がわからずに録画を二度観してしまいました。
息子を失くした悲しみのあまり、狂っているとは言えないまでも、現実を受け入れたくなかったということでしょうか。    

青木(浅利陽介)は、完全に米沢(六角精児)のポジションなんですね。    
素直に右京(水谷豊)や冠城(反町隆史)を事件解決に引っ張り出す彼は、結構いい感じで好きです。    
彼の中にある暗い思いが出ないで済むのが一番ですが、いずれ出てくるのでしょうね。    
それを乗り越えて、しっかりとした協力者になっていくようだと嬉しいのですが・・・。    
   
右京と冠城が別行動をするパターンはいいですね。    
反町さんの自然な動きを期待しているんですが、そうなると右京に並ぶ存在感を見せるのが大変でしょうか。 

   
   

    
フルタイム・キラー HDマスター版 [反町隆史]

 

   
   
<関連記事>   
第1話・・・第3話・・・第5話・・・

                                      「相棒season15」公式サイト

 

    
相棒season14 DVD-BOX1(6枚組) [水谷豊]    
相棒season14 DVD-BOX2(6枚組)

相棒(season 14 上)
[輿水泰弘]

 
 

« 大河ドラマ「真田丸」第46回“砲弾” | トップページ | 大河ドラマ「真田丸」第47回“反撃” »

テレビ雑感」カテゴリの記事

ドラマ「相棒season15」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon