旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「ラジオ深夜便」SMAPの歌で紅白が終わった | トップページ | 「あさイチ」プレミアムトークの蓮佛美沙子さん »

SONGSスペシャル「吉田拓郎~風のように・・・なんて考えた事があったなぁー~」

 

   
SONGSスペシャル「吉田拓郎~風のように・・・なんて考えた事があったなぁー~」    
                                                                             NHK総合 2016.12.23.放送    

 

9月に放送された「SONGS」吉田拓郎~今だから人生を語ろう~は、ライブのリハーサル風景とインタビューでしたが、こちらは拡大版で、ライブの一部と詳しいインタビューの映像となっていました。    
   
70歳初のライブは、10月27日に横浜で行われたんですね。    
今回の番組は、その前に1ヵ月半かけて行ったリハーサルとインタビュー、そしてライブの映像がたっぷりで嬉しいものでした。    
   
その間には、疲れて “嫌だな、年齢を重ねるということは” とつい愚痴を言ったり・・・。    
唯一の運動というゴミ出しに行く際の、エレベーターの内外でのスクワット姿を再現して見せたり・・・。    
デビューが新御三家(郷ひろみ・野口五郎・西城秀樹)と一緒、彼らは17歳で、自分はその頃からどこでもずっと年上の存在だった、という話なども・・・。    
   
長い付き合いの仲間との真剣なリハーサルの合間には、和気あいあいの様子が見られ、個々のメンバーからは拓郎評が語られたりしました。    
キーボードの武部聡志さんが、拓郎さんを父親みたいな存在と言っていて、驚きのあまり年齢を調べたら、11歳年下だけでしたね。    
刺激をもらい新たな音楽を作るために採用された若いコーラスの男女は緊張しながらも、嬉々として尊敬の念を語る様子も見られました。    
今の拓郎さんを感じられる充実した時間でしたね。   

                     
         
         

吉田拓郎 LIVE 2016
[吉田拓郎]

         
         
         

      

以下のインタビュアーは、桑子アナ。   

   
インタビュー (1)    
~なぜ70歳でライブを~    
身体も精神も元気が足らない気がした。    
歌ってないからかもしれない。    
自分を試してみたい、命がけでやってみたい。    
燃えたぎった70歳でやってみたい。

インタビュー(2)
~細部にこだわるリハーサルに~
聴いていたら、絶対にわからない。
でも、リハーサルでは細部にいたるまで詰める。
神経もすごく使うし、みんなも疲労度は高いんだけど、そこまで詰めないといいステージはできない。      

インタビュー(3)    
~メッセージはどこから~    
青春時代、東京に対してはある種のアンチテーゼがあり、東京なんかに負けない、東京で音楽で勝負する人生になるんだけれども、絶対に東京の中心の文化には負けない。    
偉そうにしているテレビ局やラジオ局の人に絶対へいこらしない、そんな負けじ魂があった。
~テレビに出なかった理由~    
東京のテレビ局の権力者たち(服装から言動まで)に腹が立った。    
   
インタビュー(4)    
~ボブ・ディランについて~    
高校生のときに衝撃を受けた。    
ギターを買って、彼の物まねから入って、今も続いている。

                           
                       
            

インタビュー(5)    
~フォークのプリンスと呼ばれて~    
スタイルとしてギター一本で歌うことがあるけれども、僕の音楽はフォークソングじゃない。
吉田拓郎が作る音楽だと思っている。    
むしろソウル・ミュージックやリズム・アンド・ブルースが好きで、米軍のキャンプも回っていた。    
ずっと違うってば、と言っていてもわかってくれないので、テレビは出ない、取材は受けない、俺は俺の道を進む、と。    
吉田拓郎を見たかったら、コンサートに行くしかない。    
いまだにフォークソングを期待されるが、“歌うわけないだろ、バカヤロー”(笑いながら)    

インタビュー(6)   
~お酒について~    
若いときは飲んだけど、20年ぐらい前から、ビール一杯、ワイン一杯でグラグラする。    
年をとるって、楽しいことじゃない。    
サプリメントのCMなどで、50代60代から元気になる、というのは大うそつき。    
   
インタビュー(7)    
時がやさしく せつなく流れ    
そっとこのまま 振り返るなら    
僕らは今も 自由のままだ    
           「アゲイン」(2014年)    
~今の自分自身と向き合った曲という~    
ひとりの70歳のおじいちゃんがステージで歌っている姿を見ていてくれれば、何か気が付くかなという気がする。    
自分が口下手だとは思わないけれど、歌で、音楽で伝えたい。

                     
         
  AGAIN [吉田拓郎]
         
         
         

      

インタビュー(8)
~今回のライブについて~
何ヶ月も前から毎日メモ帳に書いたりして、曲順を変えたり決めたり、打ち込んできた。
今回は、自信作。 

インタビュー(9)   
~28歳で、「人生を語らず」を作る。    
自分(桑子アナ)が去年28歳、人生を語ろうと思うか、絶対に無い~    
70年代当時の若者は、老成している。    
30代、40代のおじさんが言いそうなことを語り合っていた。    
達観した考えで、学生運動があった頃、30歳以上を信ずるなという合言葉があったりした。    
~今、人生を語れるか~    
道のりは長かったけど、いろいろあったけれども、不思議なことに音楽をやっているとパァーと消えちゃう。    
音楽をやっていると幸せだなぁ、って、音の中に自分が入っている幸せ感がある。    
音楽ってなんてすばらしいんだ。   
 
   
   
<曲名>    
1.春だったね (1972年)    
2.やせっぽちのブルース (1970年)    
3.落陽 (1973年)    
4.風に吹かれて (1963年)          *ボブ・ディランのノーベル賞受賞を知って    
5.旅の宿 (1972年)    
6.アゲイン (2014年)    
7.ある雨の日の情景 (1974年)      *メンバーとアカペラで    
8.全部だきしめて (1997年)         *メンバー紹介とともに    
9.朝陽がサン (2001年)    
10.人生を語らず (1974年)

 

<ラジオで発表した、拓郎さんが選んだ自己ベスト5>   
1.人生を語らず (1974年)    
2.朝陽がサン (2001年)     *自ら作ったレコード会社を離れ、心機一転で発表した    
3.Woo Baby (1983年)    
4.僕の道 (2012年)    
5.ガンバラナイけどいいでしょう (2009年)    
         *「朝陽がサン」についてのコメント    
             “僕の弾くリズムギターが全体のバンドグルーヴを呼んでいて、    
               演奏し、歌いながら「みんな?どうだぁー?」って気分になる曲。    
               広島でバンドをやっていた頃が蘇る1曲なのです。” 

                     
                  
   

      

<関連記事> 

今日までそして明日から~吉田拓郎・35000人の同窓会~  2007.6.24.    
   
吉田拓郎さんのツアーチケットが取れなくて  2008.4.5.    
「めざましテレビ」吉田拓郎さん全国ツアー開始  2008.6.22.    
「ラジオ深夜便」拓郎・陽水の歌が流れて  2008.8.24.    
吉田拓郎さんのこと、そして草なぎ剛さんのこと  2009.7.9.    
拓郎さん、元気な姿を見せています。「とくダネ!」  2010.2.12.    
吉田拓郎さんの歌を明日の糧に「ラジオ深夜便」  2010.4.17.    
吉田拓郎さんの夏の歌 「ラジオ深夜便」  2010.7.21.    
山本コウタローさんの講演から 「ラジオ深夜便」  2010.5.1.    
紅白で復帰の桑田佳祐さんから吉田拓郎さんを・・・  2011.1.3.    
吉田拓郎さんの「外は白い雪の夜」を聴く  2011.1.16.    
NO.321-1 「LOVE LOVEあいしてる」ゲスト:木村佳乃さん  2011.5.7. 
元気です。吉田拓郎さん「めざましテレビ」 2011.4.20.    
「ラジオ深夜便」吉田拓郎さんの歌  2012.7.15.

「SONGS」吉田拓郎~今だから人生を語ろう~  2016.9.11.

                     
                  


         

      

« 「ラジオ深夜便」SMAPの歌で紅白が終わった | トップページ | 「あさイチ」プレミアムトークの蓮佛美沙子さん »

音楽」カテゴリの記事

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon