旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「相棒season15」第13話“声なき者~籠城”&第14話“声なき者~突入” | トップページ | 「ラジオ深夜便」作家・柳美里さん »

NHK「空想大河ドラマ 小田信夫」ネプチューン出演

「空想大河ドラマ 小田信夫」全4話(NHK総合)を観ました。   
夜遅く、週一の15分番組を我ながらよく逃すことなく録画したものです。    
   
もともとコントとか漫才とかの番組が苦手なのですが、これは楽しめましたね。    
第1話のラスト、ネプチューンの3人がおしゃべりをしながら延々と廊下を歩き続けるシーンがありました。    
カメラを引くと、中庭に向いた廊下をぐるぐる回っているという仕掛け・・・。    
それだけでハマってしまいましたね。    
   
ちなみに、配役は以下のとおり。    
小田信夫 堀内 健    
柴田勝夫 原田泰造    
明智充 名倉 潤    
お毛(語り) 小西真佐美 *小田の正室    
   
大河ドラマらしいオープニングで、壮大な音楽を背景に時代考証、衣装考証など “なし” と堂々と出てくるのには笑ってしまいました。    
それにしては、セットも衣装もいつもの大河と変わらず豪華で、さすがNHKは手抜きをしない、と思わせられましたね。    
   
セリフも主従としての侍言葉が重く交わされるかと思えば、いつのまにか現代語で友だち仲間のような会話になっていたり・・・。    
現代語の3人は、素のネプチューンそのもののように思えました。   

 
   
↓原田泰造 出演            

             

      

歴史は苦手ですが、本能寺の変は知っていますから、それをどのように描くのか、逆に描かないのか興味津々でしたね。   

第1話から、織田信長の桶狭間の戦いを遠くから見学をしていただけだったり、第2話では、寝室に置かれた首をめぐってのコントがあったり・・・。    
小田と柴田の喧嘩で、柴田が切腹に追い込まれる、という明智に対するドッキリがあったりもしました。    
それにイラっとした明智が謀反を、ということらしいです。    
   
明智の謀反に対して、「人間五十年」の舞を舞うという小田に、逃げることをすすめる柴田とお毛とのやりとりシーンで笑わせてもらいました。    
“さっき逃げていれば” “今こうして話している間に逃げていれば” を連発する小田。    
堀内さんの真骨頂ですね。   

                           
          
            

         

攻め入ってきた明智も逃げていない小田にがっかり状態。 
結局、明智は小田や小田家を思っての行動だったわけで・・・。
燃え盛るお寺の中で舞う3人。
その後どうなったかはわからないということで、“本能寺の辺りの変” は終了となりました。

ネプチューンが、このあくまで緩くて、グズグズに(そう思わせる)展開したドラマが楽しかったですね。    
3人の中では、堀内さんが破天荒すぎて苦手だったのですが、彼の持ち味、個性がよくわかって印象が変わりました。    
   
それにしても、大笑いしたわけでもなく、ニヤッというか、ニコッというか、最後まで気持ちよく笑えました。    
個人的に体調が悪かったので、ちょうどよかったのかもしれません。 

 

                          「空想大河ドラマ 小田信夫」公式サイト

                     
            

      

小西真奈美 出演

 

 

« 「相棒season15」第13話“声なき者~籠城”&第14話“声なき者~突入” | トップページ | 「ラジオ深夜便」作家・柳美里さん »

作品タイトル~あ行」カテゴリの記事

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon