旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« NHK「空想大河ドラマ 小田信夫」ネプチューン出演 | トップページ | 東日本大震災、そして霧の摩周湖 »

「ラジオ深夜便」作家・柳美里さん


今朝方の「ラジオ深夜便」“明日へのことば”に、作家の柳美里さんが出演していました。   
   
柳さん、東日本大震災の原発事故以来通い続けた南相馬市(福島県)に、今は住んでいるんですね。    
理由を聞かれ、“人が好きだから” と・・・。    
そのあっさりとも言える答えが印象的でした。    
   
ここまで来るのに、柳さんなりに葛藤がなかったとは思えません。    
でも、インタビューに対して、常に自然体とも思える態度で会話をしていました。    
6年という時間を経てきて、今がある、という感じですね。    
作家という肩書きを取り払った感じで、好もしく聞き入ってしまったものです。    
布団の中でうつらうつらしていて、かなり聞き逃した部分があったのが残念ですが・・・。

                     
                  
       

この4月、小高区の商業高校と工業高校が統合して、新しい高校ができるとのこと。
柳さんがその校歌の作詞を依頼され、作曲は柳さんが長渕剛さんに依頼したようです。
豪華な校歌ですね。    

長渕さんも被災地に大きな力を貸してくれて、続けてくれていることが知られています。    
この校歌を作るに際しても、2度も小高区を訪ねていたようですね。    
今回のエピソードに改めて頭が下がる思いがしています。    
   
柳さん、常磐線の小高駅前に本屋さんを開業するそうです。    
“電車を降りると真っ暗なんです”    
その言葉に情景が目に浮かびました。    
漆黒の闇なんて、震災までは、もうこの時代にはないものと思っていたのですが・・・。    
   
その本屋には、学生が勉強したり、迎えを待ったりするスペースが作られるのだとか。    
もちろん、柳さんが執筆するスペースも・・・。    
風呂屋の番台のような、と笑っていました。    
店の名前は、著書から「フルハウス」。    
4月に間に合うように作られるようですが、ちょっと行ってみたくなりましたね。   

                     
         
                
         

      
         

      

« NHK「空想大河ドラマ 小田信夫」ネプチューン出演 | トップページ | 東日本大震災、そして霧の摩周湖 »

ラジオ」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon