旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「嘘の戦争」最終回 | トップページ | シルバータイムドラマ「やすらぎの郷」 »

「相棒season15」最終回2時間スペシャル 第18話“悪魔の証明”

 

 

「相棒season15」最終回2時間スペシャル 第18話“悪魔の証明” 
                                                               テレビ朝日 3月22日放送

 

今シーズンの最終回。   
観終わって、2時間も必要だったのかな、と思ったものです。    
ラストで、バタバタと来シーズンへ繋げた感じでしたね。    
   
脚本が輿水泰弘さん、最終回を担当するのはいつものことですが、警察内部のごたごた?を描くのは珍しいのではないでしょうか。    
横溝正史的世界のイメージが強いですからね。    
   
今回は、社(仲間由紀恵)の謎の部分の解明と見せかけて、結局これも次へ持ち越したかたちです。    
聡明だけどクールで、何が真実なのか、わかりません。    
寄ってたかって糾弾する大の男性幹部連中を相手にして、一歩も引かないどころか、最後には返り討ちにしたようなものですね。    
後ろ盾でもあり彼女を利用しているらしい甲斐峯秋(石坂浩二)をも、逆に利用しているようにも見えるし、元上司で連続殺人犯・天野(羽場裕一)さえをも裏切っているような・・・・。    
   
彼女が悪女ならば、片山雛子(木村佳乃)を思い出してしまいますが、雛子の方がわかりやすくて、親しみを感じますね、個人的には・・・。    
どこかおかしみを感じるのは、木村さん本人のイメージのせいでしょうか。    
何だか楽しそうに演じているように見えますし・・・。

                     
         
            

連続ドラマW 楽園 [仲間由紀恵]

         
         
         

      

今回は、右京(水谷豊)と冠城(反町隆史)の対立が描かれて、ちょっとヒリヒリするシーンがありました。
それでいて、神戸(及川光博)との対立、たとえばseason9・第6話“暴発” で描かれたものとは明らかに違いますね。
どこがどう違うのか、相棒の個性が違うから、といえばそれまでですが・・・。    

ただ、右京の “(想像が及ばないのなら)黙っていろ!” のセリフは、ショックでしたね。    
事前にスポットで何度か流れていて違和感があり、どのシーンで出てくるのか、と思っていたものです。    
長いシーズンを通して、こんな言葉を放ち、あんな表情をする右京は初めてではないでしょうか。    
マンネリ打破のために、あえて製作者側が視聴者へ放り投げたものでしょうか。    
ラストの右京の表情も意味深で、やはり次への引っ張りですね。

ゆったりと重苦しい展開が続く中での箸休めが、副総監(大杉漣)と刑事部長(片桐竜次)のまんじゅうシーンでした。   
大杉さん、このドラマでは珍しく刑事部長や参事官(小野了)タイプの役なのでしょうか。    
石坂さんや法務事務次官・日下部役の榎木孝明さんと、ポスト官房長(岸辺一徳)候補が控えていますからね。    
でも、官房長が懐かしいです。    
   
事件のきっかけを作った青木役浅利陽介さん、ポジションが定着して、来シーズンが楽しみですね。    
週刊誌の記者を演じた芦名星さん、気になる女優さんです。    
もうちょっと深く絡むかと思いました。    
次々と刑事たちが訪れるのにウンザリして “とっかえひっかえ” には笑ってしまいましたが・・・。    
   
それにしても、花の里に二人の客がいた!という驚き。
私の見間違いじゃないですよね。   
サプライズでしたね。    
それに、組対五課の大小コンビが以前のようにセリフ無しでのぞいているシーが多くて、なぜかホッとしました。    
原点回帰のような気がしましたから・・・。
それに、回想シーンに甲斐享(成宮寛貴)が登場して、感動している方が多いようです。
このあたりにも製作者側の次への姿勢を感じたりしています。   
   
サブタイトルが “悪魔の証明”。    
“あるということは簡単に証明できますが、ないことを証明するのは実質上不可能です。    
いわゆる悪魔の証明です”    
ドラマが始まってまもなくの、右京のこの言葉が一番印象に残っています。    
今、騒ぎになっている、森友学園への100万円寄付のニュースを思い出しました。   

 

相棒 劇場版4
[大石直紀]
 

    
オフィシャルガイドブック相棒
ー劇場版4-首都クライシス
人質は50万人!特命係最後

 

<関連記事>

第1話・・・第3話・・・第5話・・・第7話・・・・・・第10話・・・第12話  第13話&第14話

                                            「相棒season15」公式サイト

 

 

    
相棒season14 DVD-BOX1(6枚組) [水谷豊]    
相棒season14 DVD-BOX2(6枚組)

    
相棒(season 14 上)[輿水泰弘]
相棒(season 14 中)[輿水泰弘]
相棒(season 14 下) [碇 卯人]

 
 
 

« 「嘘の戦争」最終回 | トップページ | シルバータイムドラマ「やすらぎの郷」 »

テレビ雑感」カテゴリの記事

ドラマ「相棒season15」」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon