旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« 「プレバト!!」フルーツポンチ・村上健志さんの句(2) | トップページ | NHK「朝まで!ドキュメント72時間 2017」 »

「プレバト!!」気になる俳人たち

 

「プレバト!!」(TBS)の俳句査定コーナーが好きです。   
このブログでは、フルーツポンチの村上健志さんの句を取り上げてきましたが、その他にも気になる人たちが、それも次々と出てきています。    
まず作品が印象に残って、その後に作者を意識するという感じになりますが・・・。    
以下の(*)印 は、夏井いつき先生の批評です。

   
☆ 最初に取り上げたいのは、Kis-My-Ft2の千賀健永さん(特待生2級)。    
4日の第1回冬麗戦で優勝。    
本人も予想していなかった結果(おそらく周囲も、私も)に大泣きでしたが、こちらももらい泣きをしそうでした。

お題:雪と青空   2018.1.4.   
雪原や 星を指す 大樹の骸

            *一語一語出てくるたびに、光景が少しずつ動きながら、全部読み終わると、
             清浄とした冷たい世界の中に大樹と星が美しい絵画のよう。    
              5・5・7の調べで、美しい緊張感を生み出している。    
             頑張った子は、えらい!

その清浄で冷たい静かな景色が目の前に浮かぶ映像に、時間経過(昼から夜、木が朽ちるまでの年月など)まで表現されていて素晴らしい句ですね。   
これまでは、同じグループの横尾渉さん(名人2段・今回7位)とは比較にならないほどの差がありましたが、次からが本当の勝負ですね。


【追記】2018.5.11.

お題:梅と電車    2018.2.8.
梅林の 海を絶つ 鉄路の光
            *比喩で映像化が出来ている。5・5・7の調べ。
              特待生1級へ昇格。


お題:桜と富士山    2018.4.12.
乙女座の スピカ流るる 花吹雪
            *第2回俳桜戦・第3位。
              写真から夜が想像できる発想力。
              美しい言葉を取り合わせた美しい句。
              変に迷わないで、まっすぐ詠むといい。
<添削>
乙女座の スピカよ 花吹雪 流るよ

 

夏井いつきの超カンタン!俳句塾

 

 

 

☆ 次は、第1回金秋戦優勝の東国原英夫さん。    

お題:紅葉   2017.10.12.    
紅葉燃ゆ 石見銀山 処刑場      
      

この句にはゾクッとしました。    
本人の説明どおり、世界遺産の負の部分を取り上げていて、怨念とか寂寥感とかが紅葉の色をより色濃く感じさせ、迫ってくるものがありました。    
東国原さんは第1回俳桜戦でも優勝していたんですね。    
これまであまり印象が残っていなかったのですが、今後は注目して観ていくと思います。



【追記】2018.5.11.

お題:犬と雪    2018.1.18.
柩追う 犬ごと攫う 雪しまき
           *バランスが見事!
             映像と心情、犬の心情も描いている。
             名人5段へ昇格。


お題:ラーメン屋台    201.2.15.
冴返る 屋台の骨に 接ぐ義足
            *やりすぎ!屋台全体にかかる骨よりも脚のほうがよい。
              現状維持。


お題:都会のたんぽぽ    2018.3.15.
ビル鎮火 濁水まみれの たんぽぽ
            *臨場感のある破調。
              ビル鎮火で世界に引きずり込み、濁水で消防士の姿や野次馬の喧騒、
              独特の臭いまで感じさせる。たんぽぽは健気で再生のイメージがある。
              名人6段へ昇格。


お題:桜と富士山    2018.4.12.
花震ふ 富士山 火山性微動
            *詩になりにくい科学の言葉を詩の言葉にして、桜の美しさと背後にある
              恐ろしさを一緒に表現。
             第2回俳桜戦・第1位。 


お題:春の動物園    2018.4.26.
春深し 象舎の壁の 罅長く
           *季語選びのセンスがよい。
             晩春の季語のうち繊細な選び方をし、その春深しで深いと長いを
             対比させている。
             名人7段へ昇格。


お題:学校のこいのぼり    2018.5.3.
こいのぼり さいのかわらに かがむ吾子
           *説明しすぎ。
             吾子は、さいのかわらに入っているので捨てて、空に。
             こいのぼりとさいのかわら、こういうことをやるからこの作家は好き。
             現状維持。
<添削>
鯉幟 さいのかわらの 空如何(又は、空蒼し)


お題:新緑の鎌倉    2018.5.10.
青嵐 黄綬受章の 父の眉
            *焦点の絞り方が的確!
              作り方がセオリー通りで見事。
              眉は、受章の年齢がパッとわかる選択。
              青、黄の心理的な色彩のイメージが最終的に眉にもつながる。
              自分の句の良さを客観的に分析させたら、この人にかなう人はいない。
              客観視がここまで伸びた一番の理由。
 
 
                     
                  
         

      

☆ 続いて、NONSTYLEの石田明さん。
定型崩し(破調)の句が得意な石田さん、新鮮な魅力がありますね。 
ただし、冬麗戦では6位に終わりました。

お題:雪と青空   2018.1.4.   
冬青空 吉のおみくじの 余白

<添削>冬青空 吉のみくじに ある余白 
             *破調より定型のほうが良い。

お題:子規と野球   2017.9.24.   俳句甲子園で、開成高校に勝利。   
秋天を抜け 百年をゆく 飛球

お題:紅葉   2017.10.12.   金秋戦第3位   
空をひっかく 葉先から 枯るる

お題:ベンチの銀杏   2017.11.9.   特待生2級に昇格。   
秋天  はがれ落ちる 人にベンチに

お題:雪晴れの空港   2018.1.11.   昇段試験、現状維持。   
雪晴れや 夢をおろして 父になる      
   
<添削>夢にピリオド いま雪晴れの 父となる    
             *家族という新しい幸せの形がある印象に、“おろして”は中途半端。 

 

 

☆ 何かと賑やかな、FUJIWARAのフジモンこと藤本敏史さん。   
ファンタジーに溢れた個性的な作品を生み出すフジモンさん、冬麗戦では2位。 

お題:雪と青空   2018.1.4. 
船長の 側にペンギン 日向ぼこ

お題:月と鎌倉大仏   2017.9.24.   名人6段に昇格。   
大仏の 御手から月は 生まれます

           *話し言葉(口語的)だが、作者らしい発想。大人のメルヘンで、癒される。

お題:子規と野球   2017.9.24.   俳句甲子園(対開成高校)で、敗け。   
少量の 秋の来ている 外野席

お題:雪晴れの空港   2018.1.11.   
指示待ちの 雪の匂へる 滑走路

<添削>雪匂い立つ 指示待ちの 滑走路   
            *季語(雪)の位置が損。鮮度が落ちる。 

 

 

☆ 最後は、女優の筒井真理子さん。   
初登場のときの句が素晴らしくて、出演するたびに注目しています。

お題:真夏のひまわり畑   2015.8.1.   
向日葵の 波に逆らひ 兄逝きぬ

詳しくは、こちらで↓   
言葉の味、話の味~女優・筒井真理子さんの一句「プレバト!!」

 

お題:海と駅   2017.7.13.   
固きベンチに 影と張り付く 夏の駅

<添削>影と張り付く 固きベンチや 夏の駅   
             * “影と張り付く” とは、孤独か原爆か。    
お題の駅は、愛媛県伊予市下灘駅。瀬戸内海を挟んで、向こうは広島。    
駅の写真がどこか調べたのは、筒井さんのほかに同じ出演者の女優・中田喜子さん。

お題:お盆の帰省ラッシュ   2017.8.10.   
送り火を 託して戻る 芝居小屋

<添削>送り火を託し 芝居小屋へ戻る 
             * “て” のゆるみを無くすと、置いてきた送り火の存在を感じながら    
               戻る気持ちが伝わる。    
               3回連続1位だが、特待生昇格は、戦争・原爆・送り火とは違った    
               方向からの句を見せてもらってから判断したい。

 

 

☆現在最高段位名人7段の梅沢登美男さんの句がありませんが、   
あくまで、これまでに印象に残った好きな作品を中心に選んでいます。    
今後に期待です。あしからず。   

 

 

寝る前に読む一句、二句。 クスリと笑える、17音の物語 [夏井いつき] 
 

 

 

<関連記事>   
言葉の味、話の味~福澤朗さんの一句「プレバト!!」  2015.7.17.   
言葉の味、話の味~女優・筒井真理子さんの一句 「プレバト!!」  2015.8.1.    
「プレバト!!」夏井いつき先生の俳句コーナー  2015.12.19.    
「プレバト!!」フルーツポンチ・村上健志さんの句  2017.4.15.    
言葉の味、話の味~フルーツポンチ・村上健志さん 「プレバト!!」句集  2017.4.15.    
「プレバト!!」フルーツポンチ・村上健志さんの句(2)  2018.1.10.

 

 

夏井いつきの365日季語手帖(2018年版)

« 「プレバト!!」フルーツポンチ・村上健志さんの句(2) | トップページ | NHK「朝まで!ドキュメント72時間 2017」 »

作品タイトル~は行」カテゴリの記事

テレビ雑感」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon