旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

« NHK「朝まで!ドキュメント72時間 2017」 | トップページ | 「相棒 season8」第3話“ミス・グリーンの秘密”<再放送> »

羽生結弦選手、オリンピック2連覇達成

 

 
 

今更改めて書くのも面映いのですが・・・。   
やはりオリンピックのフィギュアスケート、羽生選手の演技には感動しました。    
   
2連覇が決定したときに、まず最初に感じたのが、祈る思いで見守ってきたファンのみなさん(普段それほど関心の無かった人たちも含めて)の願いが叶ってよかったなあ、という思いでしたね。    
なぜか、自分を脇に置いて・・・。    

彼のスケートに対する姿勢が好きで、地元(仙台)ということもあって、よけいに注目してきました。   
大リーグのイチロー選手に対する気持ちと同じようなものかもしれません。    
常に自分に厳しく、より高みを目指して努力していく姿が・・・。    
年齢に関係なく、尊敬の念に近いかもしれません。    
   
最近のフィギュアスケートの試合は、4回転を(それも難易わけして)何回飛んだかで競い合っている印象が、観ていて嫌でした。    
飛ぶ前の“飛ぶぞ!” という姿勢にこちらのほうが緊張してしまい、ちょっとしたストレスになっていましたね。    
結局、その間のステップなどの演技に余裕を感じることができませんでしたし・・・。

                           
                    
   

         

ずっと疑問を感じていたのは、難しい演技に挑戦するときは100%出来たときに披露するものではないのかということでした。 
それでも、本番ではミスをすることがあるのでしょうが・・・。 
その時点で完璧に出来る演技をより磨き、それで魅せる演技が素晴らしい、と思うのはこちらの勝手な思いでしょうか。   

羽生選手が、今回のプログラムで4回転のどれを選択するかは、前日に決めたと言われていますね。    
私にはどれも同じに見えてしまうんですが、難易度をひとつ落としたようなことを言われましたが、それを完璧にこなすこと、それは素晴らしい選択だったと思いました。    
トリノオリンピックで、荒川静香選手が、あえて点数が低い(点数にならない?)イナバウアーを入れて金メダルを取ったことは、彼女をさらに輝かせましたね。    
ちなみに、荒川選手もこちら仙台の出身で、誇りに思っています。    
   
以前は、演技自体が優雅で華やかだったり、コミカルだったり、個性的でバラエティに富んでいた気がします。    
一つのストーリーがあって、難易度は低くても、楽しくて、そういう選手にファンは拍手喝采していたような気がします。    
今は、個人的には、羽生選手以外はみんな同じに見えてしまうのは、フィギュアに関して勉強不足のまま観ているせいでしょうか。    
   
羽生選手は、4回転をまじえてもスムーズに流れるような演技で魅せてくれますね。    
彼の中性的な容姿もあって、ほんの数分だけでも非現実の世界に浸れます。    
なにしろ、こちらは体調がいまひとつなので、オリンピックの中継ばかり観て過ごしていますから、よけいに・・・。                     

         

      

   
彼が怪我から復活できたこれまでは想像するしかありません。    
想像を絶する努力と、強い精神力があって、乗り越えてきたのでしょう。    
本人の努力と強さ、それをサポートしてきた人たちに頭が下がります。    
   
それにしても、結果発表の際に横にいた、オーサーコーチではない、ちょっと太目のおじさんは誰なのかと興味が沸きました。    
調べたら、あの人もコーチなんですね。    
らしくなくって(失礼!)好感を持ちました。

それから、羽生選手が演技(ショート&フリー)を終えて、戻ってオーサーコーチと抱き合っているときに、後ろ(出入り口)脇で立っている若い女性(ボランティアスタッフ?)の無表情さが不思議に好感が持てました。

 

オリンピック漬けの毎日、今はカーリングに夢中です。   
頭をフル回転させながら観て、応援しています。    
女子は常に笑顔で、飛び交う言葉も自然で、緊張感を緩和させてくれますね。    
男子のスキップ両角さんは、ある外国映画に登場した人物にそっくりで、その映画が何だったのか思い出せずに悶々としています。    
終わるまでに思い出せるでしょうか。    
   
最後になりましたが・・・    
羽生選手、オリンピック2連覇!おめでとうございます。    
そして、宇野昌磨選手、銀メダル!おめでとうございます。

                     
                  
         

      

<関連記事> 
「全日本フィギュアスケート選手権2013」羽生結弦選手たち  2013.12.23. 
ソチオリンピック・羽生結弦選手、ショートで世界最高記録更新  2014.2.14.   
ソチオリンピック・羽生選手金メダル  2014.2.15.    
ソチオリンピック・フィギュアSP浅田真央選手  2014.2.20   
ソチオリンピックが終わって-メダルより素晴らしいもの  2014.2.25.    
世界フィギュア・男女ショートプログラム  2014.3.28.    
羽生結弦選手仙台凱旋パレード  2014.4.26.    
羽生結弦選手のアクシデントに・・・  2014.11.9.    
羽生結弦選手、NHK杯を終わって  2014.12.1.    
「フィギュアGP・中国杯」浅田真央&本郷理華選手  2015.11.8. 
羽生結弦選手、NHK杯で世界最高記録達成  2015.11.29.    
羽生結弦選手、GPファイナル3連覇&世界最高記録更新 2015.12.14.

                     
                  
         

   

         
 
         
         

      

« NHK「朝まで!ドキュメント72時間 2017」 | トップページ | 「相棒 season8」第3話“ミス・グリーンの秘密”<再放送> »

スポーツ」カテゴリの記事

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon