旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

seoparts

    • seo

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月

[NHK俳句増刊号」渥美清さんの句

  壺焼に砂のまじりて風つよく

  さくら幸せにナッテオクレヨ寅次郎

  赤とんぼじっとしたまま明日どうする

                   風天(俳優・渥美清)

 

毎日曜日の朝放送の「NHK俳句」。
3月29日は、「NHK俳句増刊号 歳時記食堂~おいしい俳句いただきます~」。
旬の食材と俳句を楽しむ構成でした。

女将が俳人宇多喜代子さん、若女将が壇蜜さん、客がかたせ梨乃さんと精神科医名越康文さん。
春の食材3種とそれにちなむ俳句について語り合っています。

ひとつは“壺焼”で、風天こと渥美清さんの句(最初の句)が紹介されました。
かたせさんが渥美さんと共演したときのエピソードを語っています。
「琵琶湖周航の歌」を楽屋で歌っていたら、隣の部屋からハモってくれたとか。

杉田久女さん(蕗の薹)と一般人(草餅)との俳句に挟まって、思いがけず渥美さんの句と巡り合えて嬉しかったものです。



風天 渥美清のうた

 

続きを読む "[NHK俳句増刊号」渥美清さんの句" »

【闘病生活 17】佐伯チズさん、ALSを公表

 

「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。
   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。



美容家の佐伯チズさんが、ALS(筋萎縮性側索硬化症)を患っているというネットニュースを読みました。

佐伯さんについては、テレビで何度か観かけたことがあって、顔を覚えている程度です。
それでも、とても品を感じられる印象が残っていました。

その佐伯さんが76歳にしてALSとなりました。
私の勝手な思いですが、高齢になってからALSになってしまうということ、それもかなり進行が速いということに驚いています。
半年前から足に違和感があり、現在は車椅子を利用しているようです。

「ひとりでも多くの方をきれいにしてさしあげたい」
その想いは変わらず、病と向き合いながら、できる活動を続けていきたいと語っています。
ALSという病についても、ひとりでも多くの人に知ってもらえるように、近い将来治すことのできる病となるように役に立てれば、とも・・・。

 


まけないで 女は立ち上がるたびキレイになる

 

 

続きを読む "【闘病生活 17】佐伯チズさん、ALSを公表" »

【闘病日記 16】退院後、現在


「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。

   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。


昨年(2019年)9月半ばから11月初めまで再入院をしていました。
これを書くのは久しぶりです。
いろいろな意味で落ち着かない日々を過ごし、やっと書く気になれたところです。

入院中のことは、そのうちに書けたら書こうと思っています。
飲み薬の副作用やら、2度もの転倒やら、アクシデントが多すぎました。
副作用は、顔や手が最初はかゆみだけだったのに、次第にピリピリ痛んでくるという状況でした。
原因がわかるまでに3週間ぐらいかかり、
これに慣れなければと自分に言い聞かせながら過ごした日々は、本当に辛かったですね。
転倒は、1回目は不可抗力で、2度目は不注意のせいでした。
病室内のことも含めて、とにかくいろいろとあり過ぎて、今は書ききれません。

 

抗がん剤治療中の生活ケアBOOK

 

 

続きを読む "【闘病日記 16】退院後、現在" »

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

amazon


スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



無料ブログはココログ