旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

« 【闘病日記 38】ひとつ歳をとったら・・・ | トップページ | 【闘病日記 40】ヨシタケシンスケ著「思わず考えちゃう」を読む »

【闘病日記 39】「イムブルビカ」の記事が・・・


「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。

   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

 


今日は、人気記事ランキング(あくまでこのブログ内)に【闘病日記 2】イムブルビカ が入っていて驚きました。
読んでくださった方は、同じような病気でこの薬が必要となり、体験を知りたくなった方でしょうか。

そうだとすると、ほかのページを含めて副作用に悩まされた内容ばかりですから、気になってきました。
あくまで、私の副作用ですから、これで不安を感じたりしないでほしいのですが・・・。
私の場合は合わなかったですが、分子標的治療薬として効果があるものだと思っています。

私の場合、その後再入院をして、結局5種目の治療(点滴+飲み薬)を受け、1年後の現在は経過観察中となっています。
この頃から、治療薬名を書かないようにしていましたが、少しでも役に立てればと思って、今書いておきます。
点滴はリツキサン(分子標的治療薬)、飲み薬はフルダラ(抗がん剤)でした。

何を言いたいかといえば、イムブルビカが合わなくても、次の治療法があるということです。
私の場合は、イムブルビカは2つ目の治療でした。
薬も治療法も、その進歩はめまぐるしいものがあり、今後も期待できるものと思っています。

読んでくださった方を勝手に想像して、同じような病気の方と決めつけてしまいました。
そうであるならば、焦らずに闘病をしてほしいと願っています。
五木寛之さん言うところの “病気は「治す」のではなく、「治める」もの”  として・・・。

 

思わず考えちゃう


人生百年時代の「こころ」と「体」の整え方

 

 

« 【闘病日記 38】ひとつ歳をとったら・・・ | トップページ | 【闘病日記 40】ヨシタケシンスケ著「思わず考えちゃう」を読む »

【闘病日記】」カテゴリの記事

amazon


スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



無料ブログはココログ