旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

大河ドラマ「龍馬伝」

「龍馬伝」最終回“龍馬の魂”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「龍馬伝」最終回“龍馬の魂” 
                                                         NHK総合   11月28日放送

 

坂本龍馬最期の日

 

とうとう終わりましたね。

まさか、オープニングで武市(大森南朋)や以蔵(佐藤健)、長次郎(大泉洋)が出てくるとは思いませんでした。

事実としてある、龍馬(福山雅治)暗殺のシーンの時間を、待って観ている状況は何とも複雑なものですね。

 

いつものようなクレジットタイトルが無かったので、星野真里さんや中川家礼二さんの登場には驚いたものです。

ビビる大木さんが町人役で出演することを知っていましたが、一言のセリフがちゃんとあって笑ってしまいました。

礼二さんが松平春嶽(夏八木勲)のそばでポリポリ何かを食べ続けていましたが、長崎奉行(石橋凌)といい、こんなシーンが多かったですね。

演出の大友啓史さん、「ハゲタカ」(2007年)とリンクさせたお遊びですか?

「ハゲタカ」では、中尾彬さんが演じた銀行頭取の“ポリポリ”が強烈でした。

 

今回、印象的だったのは、龍馬と弥太郎(香川照之)のシーンでしたね。

近江屋を訪ねて、儲けたお金を返そうとする弥太郎・・・

弥太郎が、龍馬が敵に回してしまった藩や人々を挙げたてましたが、改めて本当にそうだと思わせられました。

すべて覚悟の上、弥太郎に嫌われ続けていることも知った上で、お前はお前で日本一の会社を、と言う龍馬・・・

嫌いだ嫌いだ、と叫びながら、コンプレックスの裏側での弥太郎の想い・・・

龍馬が暗殺されたときに、雨の中で泣き叫ぶ姿に、こちらが泣かされました。

 

ゆれる

 

スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部


香川照之
を検索 

 

 

続きを読む "「龍馬伝」最終回“龍馬の魂”" »

「龍馬伝」第47回“大政奉還”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「龍馬伝」第47回“大政奉還” 
                                                         NHK総合   11月21日放送

 

日本を今一度せんたくいたし申候

 

とうとう、来週が最終回ですね。

着々と龍馬(福山雅治)暗殺のときが迫ってきているわけですが、当然ながら本人は知らないわけで、どこかのん気にさえ感じてしまいます。

器が大きいと言えばそうなのでしょうが・・・。

大政奉還を成立させるために、永井(石橋蓮司)に直訴するなど、命を狙われている新選組の前に現れる龍馬。

怖いもの知らず、過ぎますね。

 

坂本龍馬最期の日

 

坂本龍馬とその時代

坂本龍馬 を検索

 

 

容堂(近藤正臣)の建白書が受け入れられなければ、慶喜を斬る覚悟を後藤象二郎(青木崇高)に伝えながらも、成功した場合の夢を語る龍馬。

その裏で、様々な立場で彼に敵意を抱いたり、複雑な思いを抱く人たちが増えていっている、その短いシーンが来週への布石になって、緊迫感がありましたね。

今回は、大政奉還を決めるまでの、慶喜(田中哲司)の苦悩がクローズアップされていました。

世の中の仕組みが変わるわけですから、当然とは言えますが・・・。

田中さんのシーンが結構観られて、ちょっと嬉しかったんですね。

 


食堂かたつむり スタンダード・エディション
 


Alaska 星のような物語 写真家・星野道夫 はるかなる大地との対話

田中哲司 を検索

 

 

続きを読む "「龍馬伝」第47回“大政奉還”" »

「龍馬伝」第46回“土佐の大勝負”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「龍馬伝」第46回“土佐の大勝負” 
                                                         NHK総合   11月14日放送

 

日本を今一度せんたくいたし申候

 

土佐の海の綺麗さと、後藤象二郎(青木崇高)の冷や汗が印象的な回でした。

 

土佐に戻った龍馬(福山雅治)ですが・・・

本当に土佐の海が綺麗でしたね。

最初に龍馬が佇むシーンも、ラストの乙女(寺島しのぶ)とはしゃぐシーンも、天気が良くて最高の撮影に思えました。

それにしても、父親・八平(児玉清)を含めた坂本家のみんなが、龍馬が語る世界旅行に夢を馳せるシーンから月日が経ったんですね。

あのシーンは、好きでしたね。

ただの夢でしかなかったことが現実に届きそうなほどに、龍馬は大きくなっているわけですが・・・。

これから大きな事を成そうとする龍馬の苦悩とかが、あまり感じられなかったのはあまりにも明る過ぎる景色のせいでしょうか。

 

継母(松原智恵子)は亡くなっていたんですね。

乙女がいたのは、離婚して戻ってきていたということでしょうか。

岩崎家が訪ねてきて、一緒に宴会をしていますが・・・

そんなときにも龍馬は“いい人”なんですね。

大事を前にして、緊張感とか重圧感とかを見せないところが、龍馬なんでしょうが・・・。

 

パーフェクトラブ! DVD-BOX

 


THE BEST BANG !!(15万枚限定生産3CD+シングルCD+特製グッズ/スペシャル・タオル)

福山雅治 を検索

 

 

続きを読む "「龍馬伝」第46回“土佐の大勝負”" »

「龍馬伝」第45回“龍馬の休日”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「龍馬伝」第45回“龍馬の休日” 
                                                         NHK総合   11月7日放送

 

図説坂本龍馬

 

サブタイトルのとおり、まったりとした感じがする回でしたね。

どうしても言葉遊びで、“ローマの休日”を連想させているような気がしましたが・・・。

 

龍馬(福山雅治)の、久しぶりの坂本家への手紙が登場しましたが、“最後”の大仕事などとあると、ドキッとしますね。

お龍(真木よう子)との結婚の報告も兼ねていましたが・・・。

 

土佐商会の主任を降ろされた弥太郎(香川照之)が、商売することだけが自分の生き残る道だ、と覚悟を決めたようですね。

決別を告げられた龍馬の寂しそうな表情が印象的でした。

あくまで戦わずに日本を変えようとする龍馬と、戦いで儲けようとする弥太郎は、正反対の道を歩くことに・・・。

小曽根(本田博太郎)や大浦慶(余貴美子)に相談を持ちかける弥太郎は、覚悟を決めて一段とたくましく見えました。

その勢いが、ちょっと怖く見えますが・・・。

 

岩崎弥太郎

 

スペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部


香川照之
を検索 

 

 

続きを読む "「龍馬伝」第45回“龍馬の休日”" »

「龍馬伝」第44回“雨の逃亡者”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「龍馬伝」第44回“雨の逃亡者” 
                                                        NHK総合   10月31日放送

 

坂本龍馬最期の日

 

今回の主役は、お元(蒼井優)でしたね。

お元は架空の人物と聞いていましたが、当時弾圧されたキリシタンの代表として登場していたんですね。

これまでのお元の描かれ方は、龍馬(福山雅治)への愛情があるというものでした。

今回はその部分よりも、というかそれを抜きにして、お元の生き方とそれを応援しようとする龍馬、という描かれ方になっていました。

キリシタンということが知られて彷徨うお元、それと上手く出会える龍馬、と都合が良過ぎる展開ではありましたが、感動しましたね。

 

映像がブルーで、「相棒」ブルーか、「ハゲタカ」ブルーか、とつい思ってしまいましたが・・・。

青い映像の中で、海辺を彷徨うお元の、一瞬見える下着の襟と裾の赤が印象的でした。

それにしても、絶望的な展開でしたから、龍馬の力によるまさかの海外脱出となって、ホッとしました。

龍馬と大浦慶(余貴美子)が見送る中、お元の表情が笑顔のようになっていくのも印象的でしたね。

 

うそっ。 

 
【入荷予約】 蒼井優 カレンダー 2011

蒼井優 を検索

 

 

続きを読む "「龍馬伝」第44回“雨の逃亡者”" »

「龍馬伝」第43回“船中八策”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「龍馬伝」第43回“船中八策” 
                                                        NHK総合   10月24日放送

 

日本を今一度せんたくいたし申候

 

坂本龍馬(福山雅治)の「船中八策」を初めて知りました。

相変わらず歴史や龍馬関連の知識が無いものですから・・・。

その分、それを見せられた後藤象二郎(青木崇高)や中岡慎太郎(上川隆也)の驚きに興味津々でしたね。

後半、龍馬が中岡に一つ一つの解説をしていましたが、そこには彼がここまでに巡り合った人たちが次々登場してきました。

あまりに大勢なので、横井小楠(山崎一)って誰でしたっけ?と、慌てて復習したりしました。

その一人一人に、教えを受け、影響を受けて、ここまで来た、「船中八策」が出来たのだということが改めてわかって、感動しましたね。

正直、何となくふわふわした印象でここまで来た感じがしていましたから・・・。

 

それにしても、龍馬はどんどん敵を作ってしまっている、という感じですね。

「命を狙われるぐらいのことをしなければ、日本は変わらない」と中岡に言っていますが、覚悟の割には無防備過ぎるというか、天真爛漫に見えてしまっています。

新撰組に追われて、相撲をとっている場合ではないと思うんですが・・・

観る側は、つい暗殺までのカウントダウンをしてしまっているせいですけれども・・・。

 

福山雅治という生き方

 


THE BEST BANG !!(初回限定3CD+シングルCD+DVD)

福山雅治 を検索

 

 

続きを読む "「龍馬伝」第43回“船中八策”" »

「龍馬伝」第42回“いろは丸事件”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「龍馬伝」第42回“いろは丸事件” 
                                                        NHK総合   10月17日放送

 

日本を今一度せんたくいたし申候

 

いろは丸の衝突シーンから始まり、驚きました。

歴史に疎くて、この事件をまったく知りません。

当然、結末も知らないままで観ていたので、最後まで緊張感があって面白かったですね。

 

最近、視聴率が悪いらしいですが、ここに来てとても面白くなった、と感じているのは少数派なんでしょうか?

今頃ですが、福山雅治さんの龍馬に迫力を感じますし、何よりストーリーが劇的に動いていることにワクワクしています。

こういう時、史実を知らないと楽しめますね。

 

いろは丸に衝突したのが紀州藩の明光丸。

紀州藩との談判、2回目に登場したのが勘定奉行の茂田(中尾彬)・・・

中尾さん、ねじねじを連想させるマフラーを巻いての登場に笑ってしまいました。

 

中尾さんの貫禄は凄いですね。

思い出すのは、やはり「ハゲタカ」(2007年・NHK)の三葉銀行の飯島常務。

テーブルを挟んで鷲津(大森南朋)と対決するシーンそのままでした。

駆け引きの部分は、サンデートイズをめぐる入札合戦のように緊迫感がありました。

この談判のシーン、改めて「ハゲタカ」スタッフの仕事を見せてもらった感じで嬉しかったものです。

 

ハゲタカ DVD-BOX

中尾彬 を検索

 

 

続きを読む "「龍馬伝」第42回“いろは丸事件”" »

「龍馬伝」第41回“さらば高杉晋作”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「龍馬伝」第41回“さらば高杉晋作” 
                                                        NHK総合   10月10日放送

 

龍馬伝(4)

 

高杉晋作の最期の回でしたね。

伊勢谷友介さんが演じた高杉は、映画などからずっとイメージしていた高杉とはまったく違っていました。

最後は若くして病死したわけですが、時代を生きた、生身の高杉晋作という感じが伝わってきて魅力的でした。

雑誌などには“海援隊始動!”とあったサブタイトルを変更したのは、人気があったということでしょうか。

主役じゃないのに、出来る限りの見せ場を作ってくれた感じです。

回復を祈る元奇兵隊の人たちの登場、彼らとの花見・・・

何より、龍馬(福山雅治)と絡むシーンが多かったですね。

浜辺の、龍馬とのツーショット・シーンに映る赤い透明な布など、相変わらず凝った映像でした。

 

高杉晋作

 

NHKドラマスペシャル 白洲次郎 DVD BOX

伊勢谷友介 を検索

 

 

続きを読む "「龍馬伝」第41回“さらば高杉晋作”" »

「龍馬伝」第40回“清風亭の対決”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「龍馬伝」第40回“清風亭の対決” 
                                                        NHK総合   10月3日放送

 

龍馬伝(後編)

 

始まってすぐ、お龍(真木よう子)が銃の練習をし、小曽根(本田博太郎)と話をするシーンに、流れた音楽が不穏な空気を感じさせる「ハゲタカ」(2007年)風味で・・・。

「龍馬伝」は確か全48回ということで、もう残り少ないんですね。

「ハゲタカ」スタッフのドラマということで、ここまで付き合ってきたんだなあ、としみじみとしてしまいました。

先週から、ナレーションで、龍馬(福山雅治)の暗殺までのカウントダウンが始まって、より緊迫感が漂ってきています。

 

今回は、後藤象二郎(青木崇高)との会談シーンがメインですが・・・

それにしても後藤の、青木さんの灰汁の強さで、緊迫感がありました。

これまでの描かれ方では、龍馬と同士になるとはとても思えなかったのですが・・・

お互いの側近を含めて、一触即発になりかねない、かなり緊迫した状況だったんですが、意外に即決でしたね。

山内容堂(近藤正臣)に相談しなくて良かったんだろうか、と思ってしまいましたが・・・。

 

定本坂本龍馬伝

 

龍馬の運命を決めた五人の男

坂本龍馬 を検索

 

 

続きを読む "「龍馬伝」第40回“清風亭の対決”" »

「龍馬伝」第39回“馬関の奇跡”

あとで読む[あとで読む]

 

大河ドラマ「龍馬伝」第39回“馬関の奇跡” 
                                                        NHK総合   9月26日放送

 

龍馬伝(後編)

 

最終章の第1回ということで、例によって成功した弥太郎(香川照之)の登場シーンからですね。

相変わらず龍馬(福山雅治)については悪態をつく弥太郎ですが、母親(倍賞美津子)には頭が上がらないのも変わらないようで・・・

その弥太郎が喀血するとは驚きました。

 

章が変わって、オープニングのタイトル部分の映像が変わりましたね。

相変わらず格好良くて好きです。

もともと映像処理にこだわっているドラマですが、今回は特にシーンごとに色を使い分けているのが印象的でした。

長州藩のシーンは黄緑っぽいし、引田屋は赤で、小倉への奇襲作戦では朝方ということもあってブルーでしたね。

ブルーの映像が勝利の瞬間、歓喜の瞬間に通常の映像に戻って、それが各地への波及のシーンにつながって、なかなか面白かったです。

 

坂本龍馬と幕末動乱の時代

 

教科書が教えない歴史人物~高杉晋作、坂本龍馬~

坂本龍馬 を検索

 

 

続きを読む "「龍馬伝」第39回“馬関の奇跡”" »

より以前の記事一覧

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon