旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

日記・コラム・つぶやき

「NHK俳句」俳人・森田愛子のこと

 

   虹消えて すでに無けれど ある如く

                 森田愛子(俳人)

 

17日の「NHK俳句」(Eテレ)のテーマは “虹”。
そこで紹介されたのが、森田愛子の句と人生でした。

「NHK俳句」を観るようになってから、どれだけの時間がたったか、もうわかりません。
今は惰性で観ているような気がしないでも無いですね。
以前は、早朝の歩き(散歩でもなく、ウォーキングでもない)に、下手なりに俳句をひねったりしていたのですが・・・。
図書館で関連書をたくさん借りてきては読み、「プレバト!!」(TBSテレビ)も楽しんで観ていたのですが、どんどん難しさを感じるようになってしまいました。

この日の放送で、オープニングで紹介されたのが、上の句でした。
正直、普通の句に感じたものです。
森田愛子という俳人をまったく知りませんでしたし・・・。
何とも浅はかだったと後悔したのは、番組内で紹介された彼女の人生と句の意味を知ってからです。

 

 

続きを読む "「NHK俳句」俳人・森田愛子のこと" »

【闘病日記 56】抗がん剤治療の終了。そして、胃カメラのトントン。

 

「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。
   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

先月30日、再々発のために昨年末から続けていた抗がん剤の治療が終わりました。
フルダラ(飲み薬)とリツキサン(点滴)の6回目です。
最初はフルダラが先行するかたちでしたが、先生曰く“つじつま合わせ”をして(笑)、同時期に終わることが出来ました。

効果をちょっと疑うほどに、特にひどい副作用も無く終わりました。
正直、ホッとする気持ちと同時に、これからへの不安な気持ちがありますね。
3度目ともなると、経過観察の期間よりも治療期間の方が安心に思えてしまう、というおかしな状況になってしまいました。

先月半ば頃に突然吐き気がして、胃の状態もおかしくなりました。
5回目の治療から2週間は過ぎていましたから、抗がん剤が原因とは考えられないらしいですね。
近々消化器内科への通院もありますから、そちらで診てもらうことになりました。

 


 

続きを読む "【闘病日記 56】抗がん剤治療の終了。そして、胃カメラのトントン。" »

【闘病日記 52】9日間の入院生活

 

「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。
   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

先月(1月)半ばに9日間ほど入院しました。
再発により、飲み薬のフルダラはすでに始めていましたが、点滴のリツキサンの様子を見るための入院でした。

入院の日は、数日前からのどに違和感が続いていたので、PCR検査の結果待ちの時間は不安でなりませんでしたね。
結果は問題は無かったですが・・・。
前回(2019年)の時は熱と咳で、かなり不安定な状況になっていて、個室に入ることから始まったものです。
今の時期だったら大変なことになっていましたね、きっと。

入院2日目にリツキサンの点滴。
午前11時頃から始まって、午後2時頃には終わっていました。
特に問題が無く進んだおかげで、予定より2時間も早かったです。
心配された体重増も無く、順調すぎるほど順調でした。
前回(2019年)は、熱のせいで2日間かけて受けましたから、信じられなかったですね。

その後は、先生の回診と看護師さんの検温や採血などで、特に治療などの無い日を過ごしました。
とにかく食べては寝るの繰り返しでしたね。
前の2回は、入院日記らしきものを書いていましたが、今回は、ただただ食事の内容をメモするだけでした。(笑)
それにしても、入院時と退院時の体重がほとんど一緒(0.1kg減)というのは納得できませんでしたね。
薬のつもりで、自宅での少なくとも2倍は食べていたはずなんですが・・・。

 


ヨシタケシンスケ スケッチ集 デリカシー体操

 

 

続きを読む "【闘病日記 52】9日間の入院生活" »

【闘病日記 50】再々発、そしてフルダラ生活

 

「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。
   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

11月初めからダルさが続き、どんどんひどい状況になっていったので、通院予約日を1か月早めて診察してもらいました。
血液検査の結果が異常で、当日に骨髄穿刺、翌日にはPET検査を受け、数日後には再発(再々発)と告げられました。

治療方法は、前回と同じ(5種目)ということで、早速11月末から今月にかけてフルダラを5日間服用しました。
フルダラ(飲み薬)+リツキサン(点滴)の組み合わせになります。
リツキサンは入院して、ということでまだ受けていません。

年末年始は病院が混んでいるようで、入院は1月半ばと決まりました。
点滴に特に問題が無ければ、1週間もかからずに退院できる、とか。
すでに入院準備は出来ていて、冬用の衣料でパンパンになっている荷物を、今度はスッキリさせなければなりません。
この状況を知人に話したら、大笑いをされてしまいました。
一緒に私も笑いましたけど・・・。

どこかにホッとしている部分があります。
意外に私は重病患者ではないのかも?などと考えたりして・・・。
少なくとも、緊急を要する状態では無いようです。


あるかしら書店


続きを読む "【闘病日記 50】再々発、そしてフルダラ生活" »

【闘病日記 49】雨水と汚水のマンホール探し~堺雅人さんの話から

 

「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。
   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


散歩をしているとき、必ず注目するのが足元にあるマンホールです。
別に、派手なカラーや斬新なデザインのものではありません。
雨水用、そして汚水(生活排水)用。
必ずセットになっているらしく、それを探すのが楽しみなのです。
それが、最近、雨水・雨水・雨水、汚水・汚水・汚水 というパターンがあってあわてました。
ネットでちょっと調べてみたら、やはり近くにはあるようですね。

セットになっていると知ったのは、俳優の堺雅人さんの話からでした。
堺さん主演の映画「ゴールデンスランバー」(2010年)は、こちら仙台市でほとんどが撮影されています。
当時、映画の宣伝で、堺さんがあちこちのテレビに出演していました。
印象に残っていたのが、定義山の三角油揚げとマンホールの話でしたね。
堺さんらしい蘊蓄のある話が聴けたものです。
ちなみに油揚げは伊達さん(サンドウィッチマン)の好物でもあります。(笑)

 

Golden
当時のフリーペーパーです。

 

続きを読む "【闘病日記 49】雨水と汚水のマンホール探し~堺雅人さんの話から" »

【闘病日記 46】スマホ、そしてまた騒動

 

「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。
   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とうとう、ガラケーからスマホに乗り換えました。
先月、ネット接続の不安定があって、悩んだ末に必要性を感じたからですけど・・・。
ただ一筋縄ではいきませんでしたね。
次から愚痴のオンパレードになります。(笑)

ケータイショップに3日間通いました。(笑)
1日目。次の日からキャンペーンとのことで話だけ。
その時に、“ドコモ光とフレッツ光の違いは?” と聞いたのが始まり。
“料金の支払先が違うだけ” との返事で、スマホとドコモ光を一緒に契約することに・・・。

2日目。万全の準備をして行ったのに、説明と手続きで3時間近く。
変な具合の悪さを感じて、途中で帰宅。
その日は台風の余波で雨風がひどく、ずぶ濡れになり、久しぶりに泣きたくなって布団に潜り込む始末。

日を置いて、3日目。省けるものは省いてと懇願して、途中で具合が悪くなりながらも、何とか終了。
スマホの使い方がまったくわからないまま・・・。
とにかく、これでひとまず安心のはず。

その3日後。
ドコモのサービスセンターから「工事が出来ません」との電話。
ADSL(東日本)の解約解除日と関係があるらしい。
そして、怒涛(笑)の展開が始まる。

 


大切なこと 穏やかに暮らすための48の工夫と心がけ



続きを読む "【闘病日記 46】スマホ、そしてまた騒動 " »

【闘病日記 45】ネット接続で、疲労困憊

 

「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。
   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

この1週間ほど、ネット接続が不安定になり、正直ヘトヘト状態でした。

<1日目>
ネットの接続が頻繁に途切れるので、NTTのADSLモデム(フレッツADSL使用中・2023年終了)を初期化。
取扱説明書を読んでも、改めてのネット接続が出来ません。
何度も挑戦しているうちに、なぜか脈拍が120を超えて100を下回らなくなった。
これ以上身体を壊してまで頑張ることではないと、気がついた。(笑)

<2日目>
NTTへTEL。
音声ガイダンスに従って何とかつながり、連絡を待つ。
以外に早く連絡をしてくれ、親切な指導でいったん解消。

<3日目>
朝、又頻繁に(数秒間隔で)途切れるようになって、初期化以前に戻った。
ネットでちょっと仕事をしているもので、その数秒間が大変な状況に・・・。
あらかじめ相手方への文面を用意して、
“サイトに入る” “メッセージ欄を開く” “文面を張り付ける” “送信” を、ネットにつながる数秒間に少しずつ作業。
その間の待ち時間が長く、何とも根気のいる作業でした。
後で、同じ人に2通も送っていたことに気づいた。(笑)

そして、再度NTTへ。
故障係を紹介されて、TELをしたが、“スマホなどで公式サイトに入って、そこから申し込んでください”と・・・。
他の関連TELに電話しても、同様の音声が流れるばかり。

私はスマホを持っていません。
ガラケーは、ほとんど電源を切ったままで、外出時にいざという時のために持参します。
私のガラケーには、なぜか検索窓が見つかりません。(笑)

再度NTTへ。(この作業が結構大変。でも担当者の方はみな親切)
事情を話し、泣きついて(笑)、直接修理係の方へ連絡をしてくれることに。
係より連絡があり、3日後の訪問に・・・。

午後、なぜかネットにつながった。

 


斎藤一人 神的 まぁいいか (明るい未来を切り開く究極のコトダマ)

 

 

続きを読む "【闘病日記 45】ネット接続で、疲労困憊" »

【闘病日記 43】しびれと朝顔と


「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。

   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今月は、血液内科(消化器内科にも)に通院。
血液検査の結果は、白血球・ヘモグロビン・血小板、そして肝機能や腎機能、腫瘍マーカー、どれも正常範囲内でした。
これまでに無い結果で嬉しかったものです。

それでも感じる、何とも形容しがたい具合の悪さって何なんでしょうね。
調子がいいなあと思ったそばから、だるさとふらつきと吐き気(それも少量ずつ)が一度に襲ってくるような感覚になります。
慌てて横になって、血圧や熱、酸素飽和度を測ってみるのですが、大抵正常値です。(笑)
精神的なものなのでしょうか?

先月は、一年ぶりに脳神経内科に紹介されて、神経伝導検査と腰部のMRIを受けました。
足の痺れについての検査です。
この病気になってから、大腿部から足先まで痺れを感じ続けています。
歩くことに不自由はありません。

結果は、去年とほとんど変わりが無く、対症療法(薬の服用)しか無いとのことでした。
原因不明とは言われていますが、この病気になって抗がん剤治療を始めてからです。
図書館で、一番下の棚の本をしゃがんで探していた時に感じたのが最初でしたね。

強い痺れを感じると、このまま歩けなくなるのではないか、と恐怖を感じます。
先生によれば、気候の変化やストレスも原因になるそうです。
ちょっと安心して、これからもせっせと散歩を続けていこうと思っています。

 

21851 218118

217241 21822asa5

 

続きを読む "【闘病日記 43】しびれと朝顔と" »

【闘病日記 40】ヨシタケシンスケ著「思わず考えちゃう」を読む



「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。

   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

       ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

できないことを できないままに するのが 仕事

自分にできないことが どんどん見えてくる。
それは、何かが できるようになったしるし なのかもしれません。

身の回り3m四方のできごとを、3cm四方の 紙に記録できれば 満足です

                   ヨシタケシンスケ著「思わず考えちゃう」より

 

ヨシタケシンスケさん(絵本作家)の本に癒されています。
図書館ではほとんど貸し出し中で、なかなか読むことができません。
子供たちと争っているようで、ちょっと恥ずかしいですが・・・。

最初の頃は、子供たちよりもその親たちに人気があるのかと思っていたものです。
去年観た「すごい宿題」(NHKEテレ)で、子供たちもヨシタケさんの世界に夢中になっていることを知りましたが・・・。

「すごい宿題」では、子供たちに何個かの宿題を出しています。
“一人になれるところで、誰にも見せないで、絵や文字を書いてください。
その後で、それをくしゃくしゃにして捨ててください。
あなたしか知らない絵や文字があります。”
子供たちは押し入れに頭だけを入れたり、ソファの後ろに隠れたり、嬉々としてその宿題に答えていましたね。

 

にげてさがして

 

 

続きを読む "【闘病日記 40】ヨシタケシンスケ著「思わず考えちゃう」を読む" »

【闘病日記 39】「イムブルビカ」の記事が・・・


「B細胞性前リンパ球性白血病」と知ってから、自分に言い聞かせている言葉があります。

   “受け入れて、乗り越える”
同じ病気でこの記事を読んでくださる方がいるとしたら、一緒に乗り越えていけたら、と願っています。

 


今日は、人気記事ランキング(あくまでこのブログ内)に【闘病日記 2】イムブルビカ が入っていて驚きました。
読んでくださった方は、同じような病気でこの薬が必要となり、体験を知りたくなった方でしょうか。

そうだとすると、ほかのページを含めて副作用に悩まされた内容ばかりですから、気になってきました。
あくまで、私の副作用ですから、これで不安を感じたりしないでほしいのですが・・・。
私の場合は合わなかったですが、分子標的治療薬として効果があるものだと思っています。

続きを読む "【闘病日記 39】「イムブルビカ」の記事が・・・" »

より以前の記事一覧

amazon


スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



無料ブログはココログ