旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

作品タイトル~あ行

「嘘の戦争」最終回

   

ドラマ「嘘の戦争」(フジテレビ系)がとうとう終わりましたね。   
苦手なタイプのドラマと言いつつ、草なぎ剛さん主演なので完走できました。    
   
悲劇的、破滅的なラストかと思わせて、ほとんどの登場人物に気持ちの良い終わり方をさせてホッとしたものです。    
実行犯・六車(神保悟志)だけは改心することもなく早々に逮捕されましたが・・・。    
神保さん、「相棒」(テレビ朝日系)での首席監察官役とは真逆すぎて、残虐なのについ笑えてしまったりしました。    
   
六車の件を早々に解決させての、二科興三(市村正親)との直接対決シーン・・・。    
緊迫しすぎて、着地点がまったく想像できませんでした。    
ただ、楓(山本美月)を監禁した小屋の爆破シーンは、トリックのような気はしました。    
その根拠は、浩一すなわち草なぎさんがそうするわけがない、という単純な思い込みでしたが・・・。     

    
銭の戦争 DVD-BOX
[草ナギ剛]

 

 

続きを読む "「嘘の戦争」最終回" »

NHK「空想大河ドラマ 小田信夫」ネプチューン出演

「空想大河ドラマ 小田信夫」全4話(NHK総合)を観ました。   
夜遅く、週一の15分番組を我ながらよく逃すことなく録画したものです。    
   
もともとコントとか漫才とかの番組が苦手なのですが、これは楽しめましたね。    
第1話のラスト、ネプチューンの3人がおしゃべりをしながら延々と廊下を歩き続けるシーンがありました。    
カメラを引くと、中庭に向いた廊下をぐるぐる回っているという仕掛け・・・。    
それだけでハマってしまいましたね。    
   
ちなみに、配役は以下のとおり。    
小田信夫 堀内 健    
柴田勝夫 原田泰造    
明智充 名倉 潤    
お毛(語り) 小西真佐美 *小田の正室    
   
大河ドラマらしいオープニングで、壮大な音楽を背景に時代考証、衣装考証など “なし” と堂々と出てくるのには笑ってしまいました。    
それにしては、セットも衣装もいつもの大河と変わらず豪華で、さすがNHKは手抜きをしない、と思わせられましたね。    
   
セリフも主従としての侍言葉が重く交わされるかと思えば、いつのまにか現代語で友だち仲間のような会話になっていたり・・・。    
現代語の3人は、素のネプチューンそのもののように思えました。   

 
   
↓原田泰造 出演            

             

      

続きを読む "NHK「空想大河ドラマ 小田信夫」ネプチューン出演" »

「嘘の戦争」草なぎ剛さんは、高倉健さん?

草なぎ剛さん主演の「嘘の戦争」(フジテレビ系)を観ています。   
いわゆる“騙し系”が苦手なのですが、草なぎさんのドラマということで、録画して必死に(?)観ている状況ですね。    
バラエティのドッキリとか、ドラマでも潜入モノとか、とにかく苦手なのですが・・・。

草なぎさんの演技が迫真的であればあるほど、その先の(直後もあるけど)悲劇性が想像できて、辛いんですよね。   
その前にドキドキ感があって、それを楽しむ余裕が無いことも、ですが・・・。    
   
前作の「銭の戦争」(2015年・フジテレビ系)も同様の状態でしたが、後半の赤松(渡部篤郎)との駆け引きが、スリルの中にもどこかユーモアも含んでいて、面白かったですね。    
今回は、あの軽快さが無いのがちょっと辛いところです。    
   
それにしても、山本美月さん演じる楓があまりに純真すぎて、観ていられませんね。    
つい、彼女とのシーンは録画分を早回しをして観たりしています。    
それにしても、ちょっと女医さんらしくないというか、逆にそのあたりの可憐さが魅力ではありますが・・・。    
このまま騙されたままの関係で終わることはないのでしょうね。               

                  
         

      

続きを読む "「嘘の戦争」草なぎ剛さんは、高倉健さん?" »

「A-Studio」高橋一生さん

 

20日放送の「A-Studio」(TBS系)のゲストは、俳優の高橋一生さんでした。   
大人気のようで、登場したときの女性ファンの歓声に驚かされました。    
録画してまで初めて観た番組で、こちらもかなりの関心があったわけですが・・・。    
   
こんなに華やかな俳優さんでしたっけ?という戸惑いもちょっとありましたね。    
個人的には、どうしても「相棒」シリーズ(テレビ朝日系)の精神科医助手役が強く印象に残っているものですから・・・。    
本人は、ドラマ「Woman」(2013年・日本テレビ系)でポジティブな役を演じたのが転機になったといっていました。    
暗い役が続きすぎて、嫌だったのでしょうか。    
個人的には、「相棒」の役を演じたときの感想を聞きたいところです。    
   
その転機を作ってくれた脚本家・坂元裕二さんが、現在放送中の「カルテット」(TBS系)も担当しているようです。    
坂元さんだけではなく、とにかく大勢の俳優さんたち(ミュージシャンの弟さんも)が彼のエピソード紹介のかたちで、映像や写真で登場していました。    
この番組のコンセプトがよくわからないもので、戸惑いはありましたね。      

                     
                  
         

      

続きを読む "「A-Studio」高橋一生さん" »

「所さんのニッポンの出番」隠密剣士の大瀬康一さん

 

隠密剣士放送開始50周年記念 甦るヒーローライブラリー 第1集 隠密剣士 傑作選集 デジタルリマスター版 [DVD]

 
 

「所さんのニッポンの出番」(TBS)を楽しく観ています。   
外国の人が日本や日本人を手放しで褒めてくれることを、どこか気恥ずかしくも感じながら、でもやはり気持ちよくも感じたりして・・・。    
それにしても、何だか同じような番組が多いようで、どこかに違和感をおぼえながらも、嬉しくもあるんですよね。    
   
先日の放送では思いがけない映像を観ることができました。    
オーストラリア・ブリスベンにある、テレビドラマ「隠密剣士」の主人公・新太郎ファンクラブ(会員数200人)の紹介。    
まさか外国の人から「隠密剣士」を思い出させられるなんて、考えもしなかったですね。    
   
子どものころ、大好きで観ていました。    
忍者と戦うチャンバラ時代劇にしては、ちょっと大人びていたような気がしています。    
「怪傑ハリマオ」にも同じような感覚があったことを覚えていますが、同じ宣弘社プロダクションの制作だったからかもしれません。

 

隠密剣士 パーフェクトDVD BOX    
隠密剣士 パーフェクトDVD BOX

 

 

続きを読む "「所さんのニッポンの出番」隠密剣士の大瀬康一さん" »

NHK土曜時代劇「一路」

 

 

毎週土曜日の夕方に放送のNHK土曜時代劇「一路」を楽しんでいます。   
久しぶりに本格的な時代劇らしい時代劇を観ている気がするんですが・・・。    
   
どうして夕方6時10分という中途半端な時間に放送なんだろうと不思議でした。    
昨年BSで放送されたものの再編集されたもののようですね。    
それにしても、もったいない。    
   
真っ直ぐに志を遂げようという若者がいて、それを助ける人々がいて、そして陰謀をたくらむ敵がいて・・・。    
観る側にとってはわかりやすくていいですね。    
最初は参勤交代の話ということで、映画「超高速!参勤交代」のようなコメディかと勘違いしたものです。    
前回(第5回)でしたか、ラスト和田峠を越えて宿場の刻限に間に合わせるために、大きな夕陽を背景に小さなシルエットの姿が走るカットは、映画を連想させましたね。

一路役の永山絢斗さん、先日終わった「重版出来!」(TBS系)でもまったく違った存在感を見せていました。
こちらはそれ以上に役にはまっていて、名前どおりの真っ直ぐさに清々しささえ感じますね。

                     
                  


 

続きを読む "NHK土曜時代劇「一路」" »

映画「海よりもまだ深く」

   

 

映画「海よりもまだ深く」を観てきました。   
もちろん、樹木希林さん目当てです。    
テレビ出演で見かける機会が多く、そのたたずまい、その言葉に惹かれることが多かったですから・・・。    
   
やはり、その自然体の姿(に見える演技)が素敵でしたね。    
普通にいる、それでいて、積み重ねてきた人間的な深さとかがにじみ出てくる・・・。    
樹木さんが出てくるシーンは、魅入られるようにして?観入っていました。    
テレビの「寺内貫太郎一家」(1974年・TBS系)で、“ジュリー” と叫んでいた樹木さんも好きですが、今の姿を見ると、豊かな時間が経過したんだなあと思えましたね。    
   
大人になりきれないダメ息子役が、阿部寛さん。    
15年前に受賞歴がある小説家ですが、その後は鳴かず飛ばず。    
いい大人が言い訳やごまかしばかり、見栄を張ることで何とか生きているような男。    
阿部さんが濃い顔(失礼!)なので、よけいにそのうざさを強烈に感じます。    
おそらく、この嫌悪感はこちらにも同じような部分が少しはあるからかもしれませんね。    
   
そんな息子を愛情を持って見守る母親役が樹木さん。    
息子に語る言葉の一つ一つがなぜか愚痴に聞こえないのが、不思議に心地いいですね。
過去を引きずり、夢ばかり追い続けている息子に・・・    
“なんで男は今を愛せないのかねえ” と語りかけます。    
   
余談ですが・・・    
“日本人には、今日がない”    
亡くなった俳優の天本英世さんの言葉を思い出したものです。    
昨日のこと、明日のこと、一年後のことをくよくよ考えるばかりで、今日がない日本人を嘆き、今日だけを生きるスペイン民族を愛していたのが天本さんでした。   

                     
          
      
 

続きを読む "映画「海よりもまだ深く」" »

朝ドラ「あさが来た」宮﨑あおいさん&「風の電話」、涙々

 
   

朝ドラ「あさが来た」、今朝ははつ(宮﨑あおい)の夫・惣兵衛(柄本佑)が亡くなりましたね。
このドラマもまもなく終わるんですから、ここに来てこんな展開になって欲しくはなかったんですが・・・。    
どうせ(投げやり?)事実と変えた設定にしているわけですからね。    
あさ(波瑠)の夫・新次郎(玉木宏)も何やらありそうで、嫌な予感がします。    
   
やはり宮﨑あおいさんの演技は素敵過ぎました。    
表情のひとつひとつ、セリフのひとつひとつ、まばたきも惜しんで見ていたものです。    
たまたま、はつの家のほうの描写は要らないという意見を見ました。    
へそ曲がりなのでしょうか、私はどちらかといえば、はつのほうを向いて観ていましたね。

                     
         
ペタル ダンス [ 宮崎あおい ]            

ペタル ダンス
[ 宮崎あおい ]
 

    

      

話は変わって、ファッションにはまったく興味の無い私が、波瑠さんの着物には釘付け状態でいます。
とても上質なものなのだろうということは画面から伝わってきますよね。
毎朝、それが楽しみのひとつになっています。
着こなしている、今の落ち着きを見せている波瑠さんが素敵です。

 
                     
               

 

続きを読む "朝ドラ「あさが来た」宮﨑あおいさん&「風の電話」、涙々" »

朝ドラ「あさが来た」萬田久子さんの涙、宮﨑あおいさんの微笑み

 

 

かなり久しぶりに、朝ドラ「あさが来た」について書く気になりました。   
ほとんど欠かさず観ているんですが・・・。    
だいぶ評判が良いようですが、“びっくりポン”もあれだけ続けていると耳慣れて、世間的にも認知されている様子ですね。    
   
今朝は、萬田久子さん演じるはつの義母・菊が亡くなりました。    
はつ(宮﨑あおい)をいじめ抜き、息子・惣兵衛(柄本佑)に刺されそうになるというショッキングな展開にもなりましたが、長い年月を経て、家族に労わられて、幸せな最期でしたね。    
   
萬田さん、このところ静かに涙を流すシーンが続いていて、さすがに女優さんだな、などと思っていたものです。    
役的には、自分も蔵に何度も閉じ込められたりして厳しく躾けられたことが、はつに対しても同じようにしてしまった後悔をしみじみ語ったりしていました。    
三王寺屋を再興することは叶わなかったですが、今に至っては、そのあたりも理解していたでしょうね。    
   
ドラマが終わり、「あさイチ」が始まった頃になって、初めて泣けそうになりました。    
ちょっと時間差が、と思ったら、それまで元気だったらしい有働さんも、急に涙が溢れてきた様子で、何とも嬉しかったものです。    
   

                     
         
萬田ルールズ [ 万田久子 ]            

萬田ルールズ
[万田久子]
   

 

         
      
 

続きを読む "朝ドラ「あさが来た」萬田久子さんの涙、宮﨑あおいさんの微笑み" »

朝ドラ「あさが来た」清原果耶&三宅弘城さんに注目

 

   

朝ドラ「あさが来た」を欠かさず観ていますが、かなりの人気のようですね。

予想以上に時代劇的な映像が続いてます。   
もちろん変化はしているのですが、丁寧に作られているので自然に付いていけています。
時代の急激な変化というものは、やはり時間が限られている映画やドラマの表現でしょうね。
   
宮﨑あおいさん(姉・はつ)と柄本佑さん(夫・惣兵衛)が出演しなくなって、ちょっと寂しくもあり、ホッとしている部分もあります。    
あさ(波瑠)が陽なら、はつは陰という描き方ですからね。    
再登場するとしたら、どんな描かれ方をするのでしょう。    
   
波瑠さんはしっとりとして、いい感じになってきています。    
ちょうどふさわしい年齢になっているということもあるのでしょうが、視聴率がよく評判がいいと余裕ができてそれが輝きになる、そんなこともあるのかもしれませんね。

   
                     
         
がじまる食堂の恋 [ 波瑠 ]            

がじまる食堂の恋
[波瑠]
   

         
      
 
 

続きを読む "朝ドラ「あさが来た」清原果耶&三宅弘城さんに注目" »

より以前の記事一覧

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon