旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

作品タイトル~か行

「緊急取調室」第2シーズン・初回

 

 

「緊急取調室」(テレビ朝日)の第2シーズンが始まりました。   
今回も狭い取調室のシーンがメインには違いないのでしょうが、オープニングで射撃(練習)シーンがあるなど、かなり工夫していますね。    
スリリングで迫力のあるシーンから始まり、直前にフィギュアの団体戦を観ていて居眠りをしていたのが嘘みたいでした。    
   
前シーズンには、天海祐希さん演じる真壁の夫の死の謎がストーリーの縦糸のように織り込まれていました。    
ちゃんと観ていたはずなのに、結末をまったく覚えていないんですよね。    
それは、現在夕方に再放送されているので、ゆくゆくはわかりますが・・・。    
   
今回のシリーズは、徹底的に取り調べ相手との対決を意識して作られているようですね。 
余分な部分がそぎ落とされて、パワーアップしていて、観ている側にとっては緊張感一杯で面白いです。    
それにしても、俳優さんたちは緩急を混ぜながらの緊迫感のある長いセリフのやり取りで、その大変さを感じます。    
レギュラーもゲストも、少しでも下手な演技をしていてはいられない場所ですね。    

                     
                

      

続きを読む "「緊急取調室」第2シーズン・初回" »

「帰れまサンデー」フィンランド編/亀田兄弟他

 

先日の「帰れまサンデー」(テレビ朝日系)は、フィンランドが舞台ということで観てみました。
正直、出演者の顔ぶれを見て、ためらいはありましたが・・・。    
   
“外国で自分の名前をフルネームで言われるまで日本に帰れない!” が今回のテーマ。 
一日中太陽が昇らないという極夜、そして極寒の一面雪の世界。    
当然、外で人に会うのが難しい状況。    
観ていて、こちらのほうが絶望的な気分になりましたね。    
   
一組はボクシングの亀田兄弟(興毅&大毅)、もう一組が芸人のダンディ坂野さんと波田陽区さん。    
個人的な印象は、評判が悪かった兄弟と、旬を過ぎてしまった人たち。(失礼!)    
でも、この2組がほとんど可能性ゼロに思えた状況を少しずつ変えていく様子に感動してしまいました。    
   
何度も繰り返される“知らない” という返事にめげることなく、少しずつ可能性を繋げていく様子に、いつのまにか応援していましたね。    
フィンランドの風景を見るのが目的だったんですが・・・。   

                     
                  
         

続きを読む "「帰れまサンデー」フィンランド編/亀田兄弟他" »

ドラマ「今朝の秋」

   

   
ドラマ「今朝の秋」1987年/NHK

演出:深町幸男   
脚本:山田太一    
音楽:武満徹    
出演:笠智衆、杉浦直樹、杉村春子、倍賞美津子、樹木希林、加藤嘉、名古屋章

*プラハ国際テレビ祭大賞、第14回放送文化基金賞本賞、毎日芸術賞受賞

 

<あらすじ>   
蓼科で一人暮らしをしている宮島鉱造(笠智衆)。    
一人息子の隆一(杉浦直樹)ががんを患い余命わずかなことを知って、東京の病院に駆けつけます。    
がんであることを知らされず、疑いを持っている息子にかける言葉も無く、ただ静かにそばにいる鉱造。    
やがて、20数年前に別れたタキ(杉村春子)とも否応無く会うことに・・・。    
元家族が集う中、隠されていた病状を知って落胆する隆一に、鉱造は大胆な提案をします。    
   
   
   
「冬構え」(山田太一脚本)に続いて、図書館から借りてきたものの、観るのをためらっていました。    
「冬構え」は、生きる希望が垣間見えるラストですから・・・。    
でも、個人的には段違いにこちらのほうが好きになりましたね。    
どちらも笠さんの魅力に変わりはありませんが・・・。    
   
演出も映像も、もちろん出演者も、小津安二郎監督の作品を思い起こさせて、魅入ってしまいました。    
特に、武満徹さんの音楽が素晴らしいですね。    
どうしても重たくなりかねない内容なのに、常に蓼科の空気を感じさせるような爽やかさに溢れています。    
時には明るく軽やかで、事の重大さを忘れてしまいそうでした。

                     
                  
         

      

続きを読む "ドラマ「今朝の秋」" »

「ゴンゾウ~伝説の刑事~」<再放送>

 

 

こちら仙台では、昨日までドラマ「ゴンゾウ~伝説の刑事~」(2008年・テレビ朝日系)の再放送がありました。   
やはり面白い作品ですね。    
残念ながら全部を観ることは出来なかったのですが、観た回はまるで息をするのを忘れてしまったかと思うほどに、緊迫感いっぱいで観入っていました。    
展開をほとんど忘れてしまっていたということもありますから、本放送を観たときと同じような感覚でしょうか。    
さすがに、終盤になる頃には犯人を思い出していましたが・・・。    
   
ゴンゾウこと黒木警部補を演じる内野聖陽さんの熱演が素晴らしいです。    
現在、大河ドラマ「真田丸」で老いた家康を演じていますから、こちらでは若さで生き生きしているように見えますね。         

                     
         
      
         
         
         

      

続きを読む "「ゴンゾウ~伝説の刑事~」<再放送>" »

「限界集落株式会社」第1回“父の帰還”

土曜ドラマ「限界集落株式会社」第1回“父の帰還” 
                                             NHK総合  1月31日放送   

 

   

 

タイトルがタイトルなので、覚悟して観始めました。   
それが、オープニングの東京のシーンから一転して、緑濃い景色が延々と続く映像に惹き込まれてしまいましたね。    
美穂(松岡茉優)が東京での面接を終えて、何時間もかけて奥深い村に戻る途中の光景です。    
私の田舎にそんな景色があったわけでもないのに、何とも懐かしかったですね。    
ただ美しいと感動するだけではなく、そこに待つ現実には、温度の低さをも感じたりしますけど・・・。    
   
面接のシーン(面接官は後で登場する多岐川)、夢は?と聞かれた美穂の言葉がとても印象的でした。    
“夢とかそんなふうに考えたことは無いです。地方に住んでいると、やりたいことよりできることを探すのが精いっぱいで、夢なんて無いです”    
今の時代でもあるんだ、と胸をつかれる思いがしたものです。    
   
限界集落の村から出て就職を考えていた美穂、幼い彼女を置いて村を出た父親・正登(反町隆史)・・・    
息子の夢だった有機農業を何とか守り続けてきた祖父母(井川比佐志、長山藍子)・・・    
そして、祖父の突然の死によって戻ってきた正登・・・。    
村には高齢者だけが残り、その高齢化の上に生産調整もせざるを得ないという厳しい現実があります。    
家族の修復とともに厳しい背景があるのに、とても静かでゆったりとしたテンポを感じて、何だかドキュメンタリーを観ているような気がしました。      

 

    
フルタイム・キラー HDマスター版   

 

 

続きを読む "「限界集落株式会社」第1回“父の帰還”" »

「NHK紅白歌合戦」薬師丸ひろ子さんたちをちょっとだけ

 
   

 

新年おめでとうございます。
   
   
「NHK紅白歌合戦」は、この2年、続けて観ています。    
と言っても、一昨年はあまちゃんコーナーだけ、昨夜は薬師丸ひろ子さん、SMAP、徳永英明さんだけでしたが・・・。    
ちょっと調べれば登場時間がわかる、いい時代になりましたね。    
どちらが勝ったのか、わからないまま、これを書いています。    
   
徳永さんは、羽生結弦選手の映像をバックに「花は咲く」を歌うということで・・・。    
羽生選手の友人でシンガーソングライターの指田郁也さんの声が耳に馴染んでしまっていますが、徳永さんの魅力的な声も合っていましたね。    
ソチオリンピックの映像が使われていましたが、転倒シーンを入れているのには、ファンとしてはちょっと不満かもしれません。    
でも、それはそれで意味のある編集なのかもしれないとも思いました。    
東日本大震災の復興支援ソングですからね。    
羽生選手の活躍で、NHKのスポットで映像が流される機会が多いのが、被災地にいる(被災者じゃない)自分としては何とも嬉しいです。

 

    
STATEMENT TOUR FINAL at NAGOYA CENTURY HALL(初回限定版B2CD+DVD)   
   
   
羽生結弦「覚醒の時」【通常版】 

 

 

続きを読む "「NHK紅白歌合戦」薬師丸ひろ子さんたちをちょっとだけ" »

「軍師官兵衛」最終回“乱世ここに終わる”

大河ドラマ「軍師官兵衛」最終回“乱世ここに終わる”   
                                                 NHK総合  12月21日放送 

 

   

 

大河ドラマ「軍師官兵衛」が終わりましたね。   
欠かさず観ていましたが、いつの頃からか、少し引いて観ていたなあ、という感覚が残ります。
   
映像の美しさとか、合戦場面のスケールの大きさとか、さすが大河ドラマだと、安心して観ていられましたが・・・。    
戦うシーンが好きではないので、意外に早くシーンが終わるのは嬉しかったです。    
長政(松坂桃李)の兜や如水(岡田准一)の兜はユニークですね。    
展開されている内容より、ついそこばかりに目が行ってしまったものです。
 
それにしても、一年を通して観てきて、官兵衛の軍師としての凄さがあまりわかりませんでした。
秀吉(竹中直人)に天下取りを示唆したところ以外は、ですが・・・。
戦わないで人を生かす考え方だと思ったら、終盤に来て天下取りを目指して戦い始めたのには驚きました。
何しろこちらは歴史に詳しくないものですから・・・。 
でも、平和な時代の到来を願って、それが家康にちゃんと繋がったという終わり方にはホッとしたものです。   

何より注目し続けていたのは俳優さんたちの演技ですね。   
と偉そうに言えるほど詳しくは無いのですが、出演者が豪華なだけにそのひとりひとりに目が行ってしまいました。    
この一年、そこが一番飽きなかったのかもしれません。    
   
妻・光役の中谷美紀さん、最後まで素敵でした。    
健在なままで終わって、何だかホッとしています。    
久しぶりに、「JIN-仁-」(2009年・TBS)の野風役を思い出しています。    
雪の中を去っていくシーンは、いまだに忘れられませんね。      

 

    
黒田如水 [吉川英治]   
   
   
官兵衛の夢 [新井恵美子]   

 

 

続きを読む "「軍師官兵衛」最終回“乱世ここに終わる”" »

映画「恋はデジャ・ブ」

「恋はデジャ・ブ」  公開:1993年/アメリカ映画

   
 

監督:ハロルド・ライミス   
脚本:ハロルド・ライミス  ダニー・ルビン    
音楽:ジョージ・フェントン    
撮影:ジョン・ベイリー    
キャスト:ビル・マーレー  アンディ・マクドウェル  クリス・エリオット

 

<あらすじ>   
高慢で自己中心的なTVの人気予報官フィル(ビル・マーレー)は、“聖燭節”の取材のためペンシルバニア州バンクスタウニーを訪れる。    
無事に取材を済ませたフィルであったが、吹雪が町を直撃し、足止めを喰ってしまう。    
しかし、その翌朝フィルが目覚めてみると、昨日と同じ“聖燭節”のお祭が行われ、その翌日も・・・。 
   
   
   
あるきっかけが無かったら、まず観ることが無かった作品です。    
言われているとおり、タイトルが合ってなかったですね。    
DVDの紹介でも、リタ(アンディ・マクドウェル)との恋を強調していましたが、明らかに見どころは違いますね。    
   
どう見ても嫌な男、フィル。    
取材に同行しているリタらもウンザリしています。    
そんなフィルは、朝6時に目覚めると同じ一日が繰り返される事態になります。    
現場に向かう前に出会う人々(久しぶりの知人やホームレスも)それぞれへの対応、そして冷たい氷が浮かぶ穴に落ちるシーンが繰り返されます。    
それでも、少しずつ学習していって、さり気なく対応したり、危険を避けたり、と僅かでも違った一日を過ごせてはいきます。    
   
そんな一日の繰り返しに、自暴自棄になって犯罪に走ったり、やりたい放題に過ごすものの、とうとう追い込まれて自殺を決行するほどに追いつめられていきます。    
それでも繰り返される同じ一日・・・。    
そんな中、最初は冷たくあしらっていたホームレスへの対応も変わっていった頃、倒れている彼を病院に運びますが、そのまま息をひきとってしまいます。    
その日が、ホームレスの最期の日でした。

 

    
恋はデジャ・ブ [ビル・マーレイ]   

 

 

続きを読む "映画「恋はデジャ・ブ」" »

土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」第3話“結婚相談所”

土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」第3話“結婚相談所”   
                                                   NHK総合  6月28日放送

 

 

今回の主人公は、2年前に離婚した女性(原田美枝子)。   
始まってすぐに、結婚相談所から紹介での見合いシーンが次々と続きました。    
性的なことにあけすけな男性(岩松了)から始まって、一番自然に付き合えるかと思えた男性(串田正美)まで・・・。    
マザコンやらケチ(でんでん)まで、何ともバラエティに富んでいると言えば言える人たちでした。    
生活のため仕事のために配偶者を求めた串田さんが一番リアリティを感じさせましたね。    
   
あまりに極端な(観ている方には面白い)個性相手の見合いシーンが続いたので、原作にあった将来が不安でという動機が感じられませんでした。    
たぶん相談員(草笛光子)との会話で語られたのでしょうが・・・。    
相談員には“違う自分になれるような相手を・・・”と理想を語っていました。    
見合いの内容をことごとく職場の友人(根岸季衣)に話していて、見合い慣れし始めている印象が女性のちょっとした厭らしさを感じたものです。

 

    
絵の中のぼくの村 [原田美枝子]  

 

 

続きを読む "土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」第3話“結婚相談所”" »

土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」第2話“ペットロス”

土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」第2話“ペットロス”   
                                                   NHK総合  6月21日放送         

 

 

“ペットロス”というタイトルから、ペットを失くした後の夫婦の有り様を描いたものと、勝手に想像していました。   
違っていましたね。    
夫(松尾スズキ)の定年退職後の生活に感じる違和感を埋めるように、犬に愛情を注いている妻(風吹ジュン)。    
最後には、逆に犬に愛情を持っていかれた夫の寂しい思いも明らかになりますが・・・。    
   
ペットの病気から死に至るまでを軸にして、夫婦のズレた思いが静かに回復するまでを淡々と描いています。    
正直、ペットを飼ったことが無いので、病気を知った時に動揺して、ほとんどパニック状態でペット用品を山のように買いあさるシーンには驚かされましたが・・・。    
子供同様、家族同様なのでしょうね。    
   
近くの公園でペットの散歩仲間が集まるシーンがあります。    
雨の日には、仲間の一人で吉田という男(世良公則)とプーアル茶を飲むというシーンが印象的ですね。    
雨の日でも散歩するんだ、と単純に感心する自分に笑えましたが・・・。 
吉田は妻を亡くして、その後悔の想いを抱えていて、風吹さんに語る言葉が示唆的に聞こえたりします。    
風吹さんの方は、夫のことは語らないものの、何かにつけて空想の世界に吉田を登場させたりしています。 

 

    
風吹ジュンスタイル [風吹ジュン]   

 

 

続きを読む "土曜ドラマ「55歳からのハローライフ」第2話“ペットロス”" »

より以前の記事一覧

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon