旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

作品タイトル~さ行

「SMAP×SMAP」最終回、SMAP解散

   

 

「SMAP×SMAP」(26日放送・フジテレビ)で、SMAPの事実上の解散になりましたね。   
番組を録画しながら、ちょっとだけ観ていました。    
   
始まってまもなく、森且行さんの脱退に関係する映像が結構長くありましたね。    
わりと最近まで彼のことはタブー視されていた(事実はわかりませんが)と聞いていたので、新鮮な気持ちで観てしまいました。    
この番組を初めから観ていたわけではありませんから・・・。    
それでも、粘土作りのコーナーなどが初めのほうにありましたから、意外に早い時期から観ていたのかもしれません。    
中居正広さんが、“初めての5人旅” で「BEST FRIEND」を歌いながら泣いたわけが判ったような気がしました。

その後は何となく落ち着かず、他の番組にチャンネルを回しながら、ちょこちょこ観るような状態でした。   
マイケル・ジャクソンのサプライズ出演シーンは、当時のまま観ることができました。    
5人旅の映像は、草なぎ剛さんが仕事で早く帰らなければならなくて、寝ているメンバーに声をかけてもほとんど無視されてしまったところだけ・・・。

               「SMAP×SMAP」SMAP初めての5人旅  2013.4.9.    

 
                     
                  
         

      

続きを読む "「SMAP×SMAP」最終回、SMAP解散" »

映画「シン・ゴジラ」

 

 

そろそろ良い時期かな、と映画「シン・ゴジラ」を観てきました。   
評判の高い作品も、夕方1回の上映になっていましたね。    
   
まず驚いたのは、最初に登場したゴジラの顔でした。    
東京が破壊される中、しばらく長い尻尾が映っていて、なかなか出てこないゴジラの全体像。やっと出てきたのが真正面の顔で、えっという感じで、笑ってしまいそうでしたね。    
   
昔観たゴジラとは似ても似つかない、ぐにゃぐにゃした感じで、何より目が平たい大きなボタンにしか見えませんでした。    
きっとこの後に親?のゴジラが出てくるんだ、そう思いながら、破壊されつくすビル群や逃げ惑う人々のシーンを長い間眺めていたものです。    
   
でも、その破壊される町並みの中で、川に小型の舟が山のように折り重なったシーンは、東日本大震災の津波を思い出させて、このまま帰ろうかと思ってしまいました。    
この日、鳥取地震もありましたし・・・。    
   
その気持ちを思い止まらせたのは、2度目に鎌倉に上陸したシーンがあったからです。    
ゴジラは2倍の大きさになっていて、姿も本物のゴジラでしたから・・・。    
昔からのゴジラのテーマ音楽も流れましたし・・・。    
ゴジラの進化もですが、映画製作技術の進歩には驚かされるばかりでした。    
ふだん、このような大掛かりな作品を観ることはないものですから・・・。    
ラストまで、その感動は大きかったですね。   

                     
         
         

シン・ゴジラWalker

         
          

      

続きを読む "映画「シン・ゴジラ」" »

大河ドラマ「真田丸」第25回“別離”

 

 

大河ドラマ「真田丸」第25回“別離”   

                                                      NHK総合  6月26日放送

 

今回は、利休(桂文枝)の切腹という、衝撃的な事件があったはずなのに、意外に淡々とした展開のような気がしました。   
それが、ラストの茶々(竹内結子)の号泣には胸を打たれましたね。    
   
決して好感を持たれていたとは思えない(視聴者にとっても)茶々ですが、鶴松を失ってしまったことの絶望感・・・。    
これまでの不幸な生い立ちから、決して他人に心を許してはこなかっただろうし、甘えることも自分に許すことは無かっただろう彼女が、寧(鈴木京香)に抱きしめられて泣きに泣くラストシーンでした。    
史実にあったのかどうかはわかりませんが、何もかも包み込むような寧の心の広さにも感動しましたね。    
   
このドラマでは、利休を追い落とすために、石田三成(山本耕史)と大谷吉継(片岡愛之助)が動いたことになっていますが、死の真相はわかっていないらしいですね。    
「相棒」(season8・第10話“特命係、西へ!”) では、娘を側室にと言われて断った、という話になっていたことを思い出しました。   

                     
                 

続きを読む "大河ドラマ「真田丸」第25回“別離”" »

「重版出来!」最終話

 

毎回楽しませてもらった「重版出来!」(TBS)の最終話。
毎回毎回、気持ちの良い時間を過ごさせてもらったことを感謝したいですね。
ドラマを観て、感謝したいと思ったなんて、いつ以来でしょう。    

最終話では、黒沢心(黒木華)と中田伯(永山絢斗)の成長と、大御所三蔵山(小日向文世)の再チャレンジが描かれていました。    
   
黒沢の前向きな頑張り、それでもなお反省もし、成長していく姿・・・。    
何より “生きているのが楽しい!” と全身全霊で見せてくれているのには、黒木さんの演技も相まって、ただただ魅せられてしまいました。                     

                  

中田伯を演じる永山さん、最初は大勢の個性的な漫画家の登場に、埋没気味に感じました。正直、永山さんがこんな役?と思いましたね。    
それが終盤になっての存在感に圧倒されました。    
演じる中田の心の闇が深すぎて、あくまでも全体的に曇りの無い明るい展開の中で、違和感がありすぎるのではないか、と心配になったものです。   

                     
                  
         

      

続きを読む "「重版出来!」最終話" »

「重版出来!」第5話

 

このところ感想を書いていませんでしたが、「重版出来!」(TBS系)は毎週続けて楽しんで観ています。   
視聴率は芳しくないらしいですね。    
こんなに楽しくて、気持ちがいいドラマなのに、残念でなりません。    
悔しくさえ感じるのは、入れ込みすぎでしょうか?    
   
今回は、久慈社長(高田純次)の過去と、新人作家たちそれぞれが羽ばたく寸前の様子と、そして宝くじ、と盛りだくさんでしたね。    
それにしても、新人作家たちは、デビューできて幸せいっぱいの人、トラブルに巻き込まれたか混乱状態に陥った人、やっと入り口に立てた人、と様々です。    
彼らの今後も注目ですね。    
三蔵山(小日向文世)の弟子(ムロツヨシ)も絡んでいそうで・・・。    
   
新人の中でも一番出遅れていた若者の役が永山絢斗さんですが、先週始まったNHKの「一路」は時代劇ということもあってまったく違っていて、楽しみですね。

                     
                  

心(黒木華)がストーカーのような行為で注目した五百旗頭(オダギリジョー)のお手本は社長の生き方にあった・・・。 
宮澤賢治の「雨ニモマケズ」がまさか全文紹介されるとは思いませんでした。
ドラマの構成を考えれば、ベタで長すぎるような気がしたものです。
でも、映像を観ていて、この詩で泣かされたのは初めてですね。    

 

                     
                  
         

      

続きを読む "「重版出来!」第5話" »

「重版出来!」第1話&第2話

   

 

黒木華さん主演の「重版出来!」(TBS系)を楽しく観ています。
最初はタイトルに惹かれて、もちろん原作がコミックとは知らないで、ですが・・・。
“重版”も、これまで “じゅうばん” と読んでいたものです。    

内容も新入社員が夢を持って出版業界に飛び込んだものの、現実に悩み、時にはいじめにあったりしながらも成長していく、というよくあるパターンかと想像していました。    
黒木さんなので、そうはならないだろうという希望的感覚もありましたが・・・。    
   
でも、爽快でしたね。    
主人公・黒沢心には、怪我で柔道のオリンピック代表にはなれなかったという挫折はあるものの、とにかく明るく前向きで、という、一見新鮮味も意外性も無い、やはりよくあるパターンの役を演じている黒木さん。    
見事にはっちゃけていて、それが鬱陶しく感じさせないのは、さすがに演技派と言われる女優さんですね。    
ゆで卵をつるりと剥いたような顔が、見るからに健康的で生き生きとしていて、年齢がわからなくなりました。    
調べてみたら26歳、改めてその演技に驚くばかりです。

                     
         
            

シャニダールの花 

      

 

続きを読む "「重版出来!」第1話&第2話" »

「人生デザイン U-29スペシャル」松坂桃季さん新潟へ

   

 

先日、「人生デザイン U-29スペシャル」(NHK・Eテレ)の再放送を観ました。   
タイトルどおりに29歳くらいの人たちが対象らしく、番組自体を知ってはいましたが、観るのは初めてです。    
いつもはナレーションを担当する俳優の松坂桃季さんが、新潟の古い映画館を訪ねるというコンセプトに興味を持っての鑑賞でした。    
   
松坂さんは、昨年放送された、高田世界館(上越市)の支配人・上野さん(28歳)を訪ねていきます。    
2年前に映画館を任されたものの、悪戦苦闘し悩む姿に、同じ映画好きとして強く印象に残ってしまったから、と・・・。    
   
雪降る中に見える築105年の映画館は、西洋風な外観で奥まった場所にあり、後のインタビューで小学生が語った秘密基地のような所でした。    
小声での初対面の挨拶は、壁の薄い上映中の館内を考えてのこと。    
昨年は一人で掃除からポスター貼りまでやっていた上野さん。    
今は、放送のおかげでボランティアの力を借りています。   

                     
         
映画館ほど素敵な商売はない [ 神谷雅子 ]            

映画館ほど素敵な商売はない
[ 神谷雅子 ]
      

         
      

 

続きを読む "「人生デザイン U-29スペシャル」松坂桃季さん新潟へ" »

「スペシャリスト」最終話

とうとう最終回。
二段構えの驚きで、最後まで楽しむことが出来ました。
それにしても、気持ちの良い終わり方でよかった、とホッとしています。    

ネット上であれこれ推測されていましたが、怪しい人が一人ではなくて、二人もいたということですね。    
野方(和田正人)に滝道(吹越満)と・・・。    
やっと出てきた吹越さん、やはり只者ではなく、あちら側の人間だったのに面白かったです。
最後も劇薬を飲んで “想像以上にまずい” なんて、ね。    
食えない感じが最高でした。    
   
滝道は助かるということでしょうね。    
この回は誰も死ななかった、ということにホッとしました。    
野方が宅間(草なぎ剛)が自分を撃ったようにするシーン、滝道が宅間を撃ったシーン、どちらも防弾チョッキを着ていて助かるわけですが・・・。    
2度も驚かされました。    
それにしても、あんなに至近距離でも大丈夫なんでしょうか。      

                     
         
冷たい熱帯魚 [ 吹越満 ]            

冷たい熱帯魚
[吹越満]
   

         
      
 

続きを読む "「スペシャリスト」最終話" »

「スペシャリスト」第9話

最終回の直前の回が一番面白いと言われますね。   
このドラマはどうなんでしょう。    
とりあえず、前回のような凄惨な殺し合いがなかっただけにホッとしました。    
   
佐神(上川隆也)に会いに行く宅間(草なぎ剛)を、姉小路(南果歩)が止めるシーンがありました。    
宅間が冤罪で刑務所に入っていたときの心情を初めて語って、とても良いシーンでしたね。    
当時は、泣いて怒ったこと。    
“安心して泣くよ。犯人を見つけて片づけたら、涙が枯れるまで泣いてやる”    
このところゲーム的な展開で、殺伐としたシーンが多かったですから、よけいに胸を打つシーンでした。    
   
このシーンの草なぎさんの表情、そしてそれを見送る南さんの表情、良かったですね。    
こんな風に人の情が描かれると、観ているこちらも人心地がします。    
ゲーム的展開に徹するドラマもいいかもしれませんが、緩急がある、情が入る、そんなドラマじゃないと年配者はなかなか楽しめないのです。    
   

銭の戦争 DVD-BOX [ 草ナギ剛 ]

銭の戦争 DVD-BOX
[草ナギ剛]
 

 

 

続きを読む "「スペシャリスト」第9話" »

「スペシャリスト」第8話

いよいよ最終章ということですが・・・   
あまりの展開に驚いてばかりいます。    
   
大量に人が死んでいき、人の情が挟まれる余裕も無い(あえて捨てている)ゲーム的展開には、ついていくのが辛いですね。    
ゲームを楽しめることができない年代の人間にはキツイです。    
   
前半は、目をそらしてばかりいたものです。    
ならば観なければいいということになりますが、草なぎ剛さんの演技を観たいので、最後まで何とか完走したいと思っています。    
軽々と謎を解いていくときとは別に、ふと見せる表情に深い闇の部分を感じさせて、惹き込まれますね。    
   
自分好みの事件ということで、のめり込んでいく宅間(草なぎ剛)を心配する姉小路(南果歩)・・・。    
取り込まれていき、いつか一線を越えてしまうかもしれない、という事態は、やはり「BORDER」(2014年・テレビ朝日)を連想させて、恐ろしさが増します。    
   
今回は珍しく決め台詞 “10年10ヶ月入っていましたから” が出てこなかったような気がするんですが・・・。    
それだけ重たい展開になってきたということでしょうか。   

37歳で医者になった僕 〜研修医純情物語〜 DVD BOX [ 草ナギ剛 ]

37歳で医者になった僕 〜研修医純情物語〜 DVD BOX
[草ナギ剛]
 

 

続きを読む "「スペシャリスト」第8話" »

より以前の記事一覧

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon