旬の花時計


過去記事一覧

  • 各カテゴリーページの
    最後をご覧ください。

月別・カテゴリー別バックナンバー

ブログ内検索


  • カスタム検索

参加ブログランキング

無料ブログはココログ

音楽

SONGSスペシャル「吉田拓郎~風のように・・・なんて考えた事があったなぁー~」

 

   
SONGSスペシャル「吉田拓郎~風のように・・・なんて考えた事があったなぁー~」    
                                                                             NHK総合 2016.12.23.放送    

 

9月に放送された「SONGS」吉田拓郎~今だから人生を語ろう~は、ライブのリハーサル風景とインタビューでしたが、こちらは拡大版で、ライブの一部と詳しいインタビューの映像となっていました。    
   
70歳初のライブは、10月27日に横浜で行われたんですね。    
今回の番組は、その前に1ヵ月半かけて行ったリハーサルとインタビュー、そしてライブの映像がたっぷりで嬉しいものでした。    
   
その間には、疲れて “嫌だな、年齢を重ねるということは” とつい愚痴を言ったり・・・。    
唯一の運動というゴミ出しに行く際の、エレベーターの内外でのスクワット姿を再現して見せたり・・・。    
デビューが新御三家(郷ひろみ・野口五郎・西城秀樹)と一緒、彼らは17歳で、自分はその頃からどこでもずっと年上の存在だった、という話なども・・・。    
   
長い付き合いの仲間との真剣なリハーサルの合間には、和気あいあいの様子が見られ、個々のメンバーからは拓郎評が語られたりしました。    
キーボードの武部聡志さんが、拓郎さんを父親みたいな存在と言っていて、驚きのあまり年齢を調べたら、11歳年下だけでしたね。    
刺激をもらい新たな音楽を作るために採用された若いコーラスの男女は緊張しながらも、嬉々として尊敬の念を語る様子も見られました。    
今の拓郎さんを感じられる充実した時間でしたね。   

                     
         
         

吉田拓郎 LIVE 2016
[吉田拓郎]

         
         
         

      

続きを読む "SONGSスペシャル「吉田拓郎~風のように・・・なんて考えた事があったなぁー~」" »

ボブ・ディランと「アヒルと鴨のコインロッカー」

 

   

 

ボブ・ディランがノーベル文学賞を受賞したニュースには驚きました。   
こちらが知らないだけで、小説も書いていたのか、と勘違いしたものです。    
   
ミュージシャンの文学賞受賞は初めてのケースらしく、発表する女性が“批判は無いのか” という記者の質問に対して、“無いことを願います” と答えていたのが印象的でした。    
   
でも、ミュージシャンにとっては、夢が広がりますよね。    
より良い作品を作ろうという姿勢になるかもしれないですし、聴く側だってそんな作品に巡り会えるわけですから・・・。    
そのためというよりも、結果としてついてくるということでしょうが・・・。    
   
考えてみれば、そんな広がりがあるのなら、たとえば俳句や短歌だって対象になるわけですよね。    
まだ勉強を始めてもいない私が、その分野の人たち、先輩方を思って、何とも楽しくなったものです。

                           
                  
            

         

続きを読む "ボブ・ディランと「アヒルと鴨のコインロッカー」" »

「SONGS」吉田拓郎~今だから人生を語ろう~

 

 

吉田拓郎さんが昨日(10日)の「SONGS」(NHK総合)に出演していました。   
久しぶりですが、正直その姿に驚きましたね。    
猫背気味で、丸かった顔が四角の細顔になっていました。    
70歳、当然と言えば当然なのかもしれませんが、以前観たときとの落差を感じて、正直ショックを受けました。    
自分の顔を鏡でじっくり見たときと同じ感慨なのかもしれませんが・・・。    
   
リハーサルに疲れて、両足にこむら返りが起きたらしいですが、“嫌だねえ、年齢を重ねるということは・・・” と笑いながらカメラ目線で言う姿に元気が無くて、リアルに感じて、ちょっと辛かったですね。    
   
番組は、ライブのリハーサル風景と桑子アナのインタビューで構成されていました。    
桑子アナを指定したのは、おじさんたち(タモリさん&井上陽水さん)のお気に入りなので、とのこと。    
リハーサル7日目(8月24日)ということでしたが、ライブとは番組最後に出てきた “2016冬 SONGSスペシャル LIVE放送” のことなのでしょうか。
<追記>実際に、この9月、10月にコンサートがあるんですね。
<追記2>12月23日放送
SONGSスペシャル「吉田拓郎~風のように・・・なんて考えた事があったなぁー~」    

   
1年半以上歌っていなかったけれども、70歳になって “燃えるものが足りない。命がけでやってみたい” と思えるようになったと・・・。    
「春だったね」「マークⅡ」から「人生を語らず」まで、リハーサルということでか、軽く歌う姿や声はこれまでと変わりなく、ホッとしたものです。    
桑子アナから細部までこだわっての打ち合わせについて指摘され、“聴いてもわからないけど、細部までつめないとステージにならない” と・・・。    
                        

         
  AGAIN [吉田拓郎]
         
         
         

      

続きを読む "「SONGS」吉田拓郎~今だから人生を語ろう~" »

SMAP解散のニュースに・・・

   
SMAP解散のニュースは、今朝方ネットニュースで知りました。    
その後、オリンピック中継を挟んで5時台のNHKニュースでも放送(この件のみ)されました。
   
驚いたものの、意外なほど冷静に受け止められたのは、やはり1月の騒動のことがあったからでしょうね。    
“そうかぁ” という感想には、落ち着くところに落ち着いたなあ、という思いと、やはり何ともいえない寂しさがありましたけど・・・。    
   
たまたま、先ほど、kinki kidsの番組を観ていました。    
さすがにオリンピックにも高校野球にも疲れ気味だったこともあって、ほとんど観たことがない番組だったのですが・・・。    
その中で、二人はSMAPとの思い出を熱く語っていました。    
当然今回のニュースの前のものでしょうが、改めて何とも切なくなったものです。    
   
SMAPのコンサートについては、同じ芸能人が熱く語っているのを何度か聞いたことがありますから、それはとても素晴らしいものだったのでしょうね。    
解散のニュースを意外に冷静に受け止められたのは、そのコンサートを生で観ていないせいもあるのかもしれません。    
かつてコンサート会場になった隣町の駅が、ファンでいっぱいになっている光景を驚きの目で見たことはありますが・・・。

   
                     
         
  ありがとう [SMAP]
         
         

      

続きを読む "SMAP解散のニュースに・・・" »

荒木一郎さんの「空に星があるように」を聴く

   

 

突然、荒木一郎さんの「空に星があるように」を聴きたくなりました。   
なぜだかわからないのですが・・・。    
相当ストレスが溜まっていたのかもしれません。    
   
Youtubeだけでは満足できずに、オークションで安く落札したCDが、きょう届きました。    
“癒される” などという言葉は、当時はそれほど一般的ではなかったような気がしますが、やはり癒されます。
“空に~” という歌い出しには、今聴いてもゾクッとしますね。   
   
昔型の人間には、CDの音は綺麗すぎて、その機械音が苦手なのですが、今回ばかりは楽しめました。    
荒木さんのくぐもった声が、鮮明になって、心地よく響いてきましたね。    
   
「いとしのマックス」のサビの最後、“ゴー”にはつい笑ってしまいました。    
当時、結構洒落た感じではあったのですが、聴いていて、どこか気恥ずかしさがあったことを思い出したもので・・・。    
変わりませんでしたね。       

                     
                  
 

      

続きを読む "荒木一郎さんの「空に星があるように」を聴く" »

SMAP解散騒動について

昨夜の「SMAP×SMAP」(フジテレビ)で、SMAPの解散や独立は無いということが明らかになったようです。   
番組を録画したものの観ないまま、早朝のNHKニュースで知りました。    
NHKでは5,6,7時台に放送するという念の入りようでしたね。    
   
特に夢中になってこの問題を追いかけていたわけではありませんが、何とも疲れました。 
録画したものを観るつもりは無いですし、今後の芸能ニュースを観るつもりもありません。 
報道とは別に、映像から彼らの言葉や表情から何かを読み取ろうとしてしまうに違いありませんから・・・。    
   
本当に観たいのは、彼らのドラマ(個人的には、これが一番)であり、音楽であり、バラエティなのです。    
以前には戻れないかもしれませんが、これからの彼らを観ていきたいと思っています。    
   
何だか疲れて書けませんので、以下、知人へのメールのコピーを載せてごまかす算段です。

 

2016.1.18. 

~省略~ 

さて、長くなります。   
読めますかね。 

SMAPとは、タレントとか歌手とかではなく、SMAPというひとつのカテゴリになっていると思っています。   
それぞれに自由に仕事をして、戻っていける場所でもありますね。

                     
         
世界に一つだけの花 [ SMAP ]            

世界に一つだけの花 [SMAP]                  

      

続きを読む "SMAP解散騒動について" »

布施明さんの「落葉が雪に」を聴く

   

 

昼間、久しぶりにラジオを聴いていたら、布施明さんの「落葉が雪に」が流れてきました。   
思わず作業の手を休めて、聴き入ってしまったものです。    
   
ちなみに、昼間のラジオは久しぶりですが、夜は一晩中点けっ放しにしています。    
耳鳴りを紛らして眠りにつくためですが・・・。    
   
「落葉が雪に」は布施さんの曲の中でも特に好きな作品でした。    
本人の作詞・作曲でもありますし・・・。    
   
つくづく思うのは、歌詞がはっきりと耳に残る、ということですね。    
その歌詞が、詩としても印象深くて、素敵です。    
   
“落葉が雪に
そしてうららの小川の水に流れるように
どうして僕は
ここにいるのだろう”    

   
繰り返されるフレーズ部分だけを挙げてみました。
許される範囲でしょうか。
美しい言葉に、圧倒的な歌唱力、久しぶりにしんみりと聴きました。    
   

                     
               
 

続きを読む "布施明さんの「落葉が雪に」を聴く" »

「人生を三度生きた女 “魂のブルース”アルバータ・ハンターの生涯」を読む

 

人生を三度生きた女―

   
「人生を三度生きた女 “魂のブルース”アルバータ・ハンターの生涯」(ヤンソン由美子 訳/筑摩書房)を読み終えました。    
   
声が出にくいため、リハビリの音読用として、刻み刻みの読書でしたから、時間もかかりましたね。    
分厚い上に、当然のことですがカタカナの名前や場所の記述が多すぎて、頻繁にさかのぼっては確認するという、かなり苦労した読書でした。    
   
これまで、アルバータ・ハンター(1895-1984)という歌手をまったく知りませんでした。    
以下は、帯の紹介記事です。

「12歳から歌いはじめ、世界のトップスターダムにのぼりつめた後、60歳で看護婦に転身。その後20年の看護婦生活を経て、82歳で退職させられるや再び舞台に返り咲き、“アメリカの国宝”といわれるほどの絶大な人気を博した黒人ブルースシンガー、アルバータ・ハンター。生きる勇気と励ましに満ちた生涯の記録。」   
   
この文章だけでも圧倒されるのに、中身の濃さには驚くばかりでした。    
著者(フランク・C・テイラー)が、彼女が亡くなる前の数ヶ月間、インタビューをし続けて書き上げたものです。    
彼女が長い生涯に集めておいた物がいっぱい詰まった、帯びただしい数の段ボール箱や紙袋に囲まれてのインタビューだったとか。    
   
   

                              
Remember My Name Remember My Name            
Alberta Hunter            
            
Amtrak Blues Chicago: The Living Legends Downhearted Blues           
by G-Tools

 

 

続きを読む "「人生を三度生きた女 “魂のブルース”アルバータ・ハンターの生涯」を読む" »

「ソリテアー」アンディ・ウィリアムス&カーペンターズ

ベスト・オブ・アンディ・ウィリアムス・ヒッツ 

 

アンディ・ウィリアムスの曲をよく聴いていた時期がありました。   
昔々ですが・・・。    
友だちに軽くバカにされた思い出があり、意外にいまだに気にしているところがあります。 
ハート・ウォーミングな歌い方が好きでしたが、逆に友だちはそこが嫌だったのでしょう。    
   
アンディといえば、映画音楽などヒット曲が多い歌手でしたね。    
NHKで「アンディ・ウィリアムス・ショー」という番組があり、クリスマスなどには家族全員で出演していました。    
そのアットホームな雰囲気は、まるでアメリカの理想的な家庭を見せられているような気がしたものです。    
現実には後にその家族にトラブルがあって、夢の世界が消えましたが・・・。    
   
有名な曲がたくさんある中で、個人的に好きだったのが「ソリテアー」でした。    
いまだにレコードを持っています。    
歌詞の訳がわからないまま、悩むたびに、温かく伸びやかな歌声に癒されることが多かったですね。    
切なくて、どこかに希望を持っていいと言われているような、そんな感覚で・・・。

 

アンディ・ウィリアムス:アンディが選ぶ名曲集 [DVD]    
B004LPQQDU    
関連商品      
アンディ・ウィリアムス:ベスト・クリスマス・ソング集 [DVD]      
アンディ・ウィリアムス ベスト ムーン・リヴァー モア 酒とバラの日々 シャレード 恋はリズムにのせて 君の瞳に恋してる 野生のエルザ ハワイの結婚式の歌 夏の日の恋 時の過ぎゆくまま 慕情 霧のサンフランシスコ イエスタデイ ある愛の詩 ゴットファーザー愛のテーマ マイ・ウェイ ある愛の詩 DQCP-1508      
ベスト・オブ・アンディ・ウィリアムス・ヒッツ      
In Concert at Branson [DVD] [Import]      
アンディ・ウィリアムス:珠玉のデュエット集 [DVD]      
by G-Tools

 

 

続きを読む "「ソリテアー」アンディ・ウィリアムス&カーペンターズ" »

「スタジオパークからこんにちは」長谷川きよしさん

 

 

昨日23日の「スタジオパークからこんにちは」のゲストは、シンガー・ソングライターの長谷川きよしさん。   
   
久しぶりに見かけた長谷川さんは白髪交じりで、歳月の流れを感じてしまいました。    
昔、加藤登紀子さんとのジョイント・コンサートを見に行ったことがあります。    
加藤さんが長谷川さんをエスコートして登場したシーンを思い出しました。    
二人とも似たような声質、歌い方で、好きでしたね。    
   
2歳で失明、20歳でデビューし、今年は46年目とのこと。    
椎名林檎さんと「灰色の瞳」、大竹しのぶさんと「死んだ男の残したものは」をデュエットしている映像が紹介されました。    
VTR出演の大竹さんが、長谷川さんの集中力、その圧倒的な歌声とギターの世界を絶賛しています。    
   
記録映画「若い心の詩」では、馬とびや棒を持って元気に動き回る、盲学校小2の長谷川さんが観られました。    
中学時代に歌手を夢み、ギターを始めたものの、高校時代は進路に悩み、友人に進められたシャンソンコンクールで上位入賞。    
在学中に「銀巴里」のオーディションに受かって歌い始め、そこでスカウトされデビュー。

    
After Glow [長谷川きよし]

 

 

続きを読む "「スタジオパークからこんにちは」長谷川きよしさん" »

より以前の記事一覧

RSS&ブックマーク



スポンサーリンクⅠ


楽天


スポンサーリンクⅡ



富士通 WEB MART


  • 富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

  • 【125*125】特価品

seoparts

    • seo

Ajax Amazon